2016.10.06

あっという間に10月

 仕事をやめてからもう7ヶ月目の月初め、友達と一緒に「KENPOKU ART 2016 」へ。 自分たちで見て回るのはかなり大変そうなので、茨城県北芸術祭のダイジェストツアーに参加して観光バス。これが予想以上に面白くてまた行きたくなってます。 P1030863 日立駅に着くと駅のコンコースがこんな風にお出迎え。これから始まるツアーが楽しいものになりそうな期待。単にガラスに色をつけただけなんだけど、とても明るくていい感じ。(暗くなってからここに戻ってきたけれど、これはやはり昼間のほうがずっときれいだった)   P1030865 通路から外を見るとこんな感じ。  私たちが参加したのは「きらめき海コース」日立駅を10時に出発して郷土博物館、御岩神社、天心記念強羅記念館、六角堂などを回るコース。  お弁当とパスポートがついて5000円・・・・安くはないけれど歩かなくていいし(これは大きな間違いだったことが後でわかるが)時間の無駄も少ないだろうと言うことで一応許容範囲。  「中型のバス」と聞いていたので普通よりも小さいバスかと思ったらごく普通の観光バス。お客さんは16人ぐらい(だったと思う。みんな一人か二人できているのでおしゃべりも多くないし、添乗員もつく。  最初に行ったのは郷土資料館。ここではこれ。 P1030873 フィールドクリスタル。持ち上げると光が消え、下に置くと光りだす。でも、ここの常設に「日立風流物」の人形があって面白そうだった。 P1030882 実際にこれが演じられるところを見てみたいなぁ・・・・

次は御岩神社。 P1030902
ここは入り口でバスを降りて本殿までずっと上っていく。結構歩いたなぁ・・・

続きを読む "あっという間に10月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.01

新しい年の初めに

 また一年、また一年・・・今の仕事についてからあっという間に時間が過ぎていく。仕事はつまらなくはないし、やりがいもあるけれど、次第に弱っていく連れ合いがいると、朝6時半から夜9時までの仕事はあまりに厳しい。

 定年までまだ時間はあるし、体力的には問題がないけれど、時間のなさはいかんともしがたい。

 まだ在宅看護や介護が必要という段階までは来ていないのかもしれないけれど、それも時間の問題。

 そう考えるとこれ以上今の生活を続けていくのは限度があるという結論しか出てこなかった。まだ、今なら自分の時間も作れるし、共倒れになる可能性もなくなる。まだまだやりたいことはたくさんあるし、そのための時間も作れる。
まだまだ勉強したいこともたくさんある。

 本来数学を教えたくてこの仕事に就いたのに、今やっていることは解き方を覚えさせているだけの日々。違う教え方をすれば、Cosのクラスだけ成績が下がる。覚えこませることで「やれば点数がとれる」という形での刺激を与えて勉強することに意欲を持たせることが間違いだとはいえない。でもそれはCosがやりたかった仕事ではない。そういう仕事をここ数年続けてきた。
 そして出口では多額の奨学金をとらせて名もない大学に進学させる・・・高卒で就職してもろくな仕事がないのは事実だからそれよりはましかもしれない。

 

続きを読む "新しい年の初めに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.06

アコーディオン

 ひとつ前の記事2014春の慰霊の集い--天徳寺にも書いたけれど、天徳寺で今回もアコーディオンを弾くことになった。
 伴奏なしならそんなに難しい楽器ではないとはいえ、借りて弾くのでは練習時間が余りに足りない。やはり自持ちの楽器がほしいかなぁとつくづく思ったので、検索。

一番安いのはこれ。

グレーのものはこれより6円高いらしい。赤よりも黒のほうが何となくうまそうに見える気がするけれどどうだろう??

TOMBOでその上の機種となるとこれ。

これぐらいが手ごろかなぁと思うけれど、ローランドやホーナーのものだと15万程度以上するけれど、こっちのほうがいいかなぁと思案中。


とか・・・

高い楽器になると余裕で200万ぐらいまでいくし、上はたぶんきりがないんだろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.31

年の終わりに

正直なところ、「ふぅ、」というのが今年の感想だったりする。ココログもほとんどかけてないし、美術館もいろんなイベントも全く行けてないのは仕事が忙しいからだし、病人を抱えているからだったりもする。

 仕事は忙しいばかりじゃなく、やりがいもあるし面白いし単に自分の時間の使い方が下手なだけじゃないかという気もするから、愚痴をこぼすのはやめよう。
 病人は思っていたよりもずっと状態がいいけれど、食事制限があるのが面倒といえば面倒。悪くなられるともっと遊べなくなるから、「今のうち」のはずだけど、なかなかうまくいかない。

 先日仕事の出張で(仕事はたいへんだったんだけど)おいしいものをいろいろと食べてきた。うちに帰ってきてしばらくしたら病人が「自分はおいしいものを全然食べてない、おいしいものが食べたい」と言いだした。
「だって高いよ」と返事をしたら、「Cosは仕事で食べたじゃないか」と。
何年か前と立場が逆転していて、その気持ちが痛いほどわかったので、大急ぎでおいしいものをあれこれと買ってきた。

 まだまだ仕事の大変さも病気も続くんだろうけれど、来年もまた一年やっていこう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

小さな美術館、博物館

このところ、小さな美術館や博物館巡りが続いている。
ちょうど今、大きな美術館でどうしても見たいと思うものが途切れていることもあるけれど、小さなところがとても居心地がいい。

人と人の間から見たり、人が途切れるのをまったりしなくても、のんびりと見ることの出来る美術館はそこで流れている時間までもが違っているような気がする。

もちろん、外に出てみるとそれなりの時間が過ぎているんだけど、中で見ているときには時計を気にすることなくただ、作品と過ごす時がそこにあるだけ。
一つ一つを大切にじっくりと見ることができる。

たぶんそれは例えば東博の常設を見るときにも共通しているのかもしれない。
でも、上野だと、「せっかくここまで来たんだ」という意識が強くて、なかなか心ゆくまで見ているなんていうことは出来ない。
上野でも美術館じゃなくてギャラリーだとやっぱり同じようにじっくり見られるんだけどなぁ・・・

一寸疲れてるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

山梨へ(釈迦堂遺跡博物館)

いくら高速が1000円だからといっても、Cosの運転技術と体力ではそう遠くにはいけない。
金沢とか、青森とか、四国とかに行きたいけれど、それだとやはり一泊でないと無理なので「気楽にふらっと」からは程遠い(し、家族がOKしないだろうな)

高速休日1000円、19日まで…国交省方針 : ニュース : @CARS : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 国土交通省は31日、高速道路の「土日・祝日の上限1000円」の料金割引制度を6月19日(20日午前0時)で中止する方針を固めた。

 地方を中心に行ってきた高速道路の無料化実験も19日にやめる。

なんていうニュースを見たら、1000円の間に行こうと思っていた山梨がまだだったことを思い出してしまった。

けさ起きたら、真っ青な空。
「ドライブ日和だから混むだろうなぁ」と思ったものの、山梨なら近いからと他の予定を放り出していくことにした。

案の定、途中までは渋滞していて混んでいる。Cosの同じように考える人がどれほど多いか、よくわかる∥^o^∥

今日は中央高速。
じつなこの中央高速の下りのPAで気になるところがあったのだ。
「釈迦堂PA」
このPAの上のところに博物館があって、そこの駐車場には夜景を見に行ったことがあるのだ。
その時に「中央高速のPAから来ることができます」と言われていたのを思い出したのだ。
今日は道が混んで予定よりもかなり遅くなったのだが・・・・
というわけで、今日の休憩は釈迦堂PA。
一番入口に近いあたりから裏につづく階段があって、それをせっせと登ると釈迦堂遺跡博物館。
Img_0474
登り切ったあたりから下を見下ろすとこんな感じ。
中央高速の向こうには笛吹市が広がっている。
夜には夜景が綺麗なんだけれど・・・・見るわけには行かないのだ。

山梨には・・・甲府盆地にはたくさんの遺跡がある
縄文の昔から暮らしやすいところだったのだろう。
釈迦堂遺跡博物館は中央高速を作る際に行った発掘調査で出てきた者を展示してある(らしい)。
特に土偶は1116個も出土していて、これは全国でも類を見ない多さらしい。

その土偶はそれぞれにバラバラにされた形で出土している。
それも一箇所ではなく何箇所かに分かれて出土しているのだと。

2011061_002002

パンフレットで見るとこんな感じ。
たくさんの顔が並んでいる。
縄文の人たちは何を思って作り、何を思って打ち砕きもって帰ったんだろう?
一つ一つの土偶の顔を見ていると、あっという間に時間がたってしまう・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.05.04

渋滞の真っ只中へ

ETC割引の1000円が6月いっぱいで廃止になりそうだと聞いて、「行くなら今のうち」と考えた人がいかに多かったことか。

当然Cosもその一人で、けさは頑張って早起きしてお出かけ。
中央高速の八王子インターから乗ると、圏央道経由で関越道に行けば圏央道は大都市近郊区間のくせにこのルートだけは上限が1000円になるのだ。
ただし、八王子インターから八王子JCT経由で圏央道になるので、直接圏央道から乗るのに比べるとかなり距離がかさむ。
でも、1000円の魅力にはかなわず、当初の予定では八王子へ。

が・・・八王子インターに何時まで経ってもつかない・・・というのはオーバーとしてもうちを出て1時間たってもまだまだインターにつかないどころか、八王子から下りはずっと渋滞で八王子JCTまで90分とか出ているのを見て急遽予定を変更。

さらに一般道を走って、あきる野インターから圏央道へ。
これで2時間近くショートカットできたはずなのだが、金額は1250円になるのだ。
お金はかかるけれど中央高速の渋滞を避けて、圏央道を気持ちよくドライブした。

が、関越道に入ってからは・・・今日のニュースを見た人はご存知と思うけれど、ずっと渋滞。
GoogleMapさんは3時間と言っていたけれど、この分では6時間かかりそうな勢いになってしまった。

途中でやめようかとも思ったけれど、一人旅の気楽さで「行ってみたら閉館時間なんていうことはないだろうから」そのまま突っ走る・・・というかそのままたらたらと高速道路を走る。
前橋を過ぎてやっとすいてきたと思ったら
「渋川伊香保インター出口渋滞」・・・アチャ∥>_<∥

当然のごとく、渋滞は出口だけじゃなく、目的地まで断続的に渋滞・・・_| ̄|●
というわけで着いたのは昼過ぎ。

となりの牧場と共用の駐車場は大きな臨時駐車場を幾つも作ってあって、子供連れがたくさんきているのでCosが止めたのはずっと奥のほう。
たぶん普段は牧場として使っているのだろう。
草が生えていて歩くととても気持ちがいい。

幸いなことに美術館はそんなに人が多くなくて(でもたぶん普段に比べるととんでもなく人が多かったんだろうな)ほっとした。
P1050855

まあ、走って入ったわけじゃないけれど、ひと通り見終わってお茶でも・・・と思ったら
牧場から次から次へと親子連れが駐車場に向かっている。
小さい子供がいる→早く帰る→早くから帰り道が渋滞→出口渋滞+帰り道渋滞+高速渋滞・・・
別にそんなに急いで帰らなくてもいいけれど、トリプル渋滞は嫌だったので、お茶も飲まずにそのまま帰宅の途につく。

もちろん見たいものは心いくまで見たから気分すっきり、満足して 
出口渋滞なし→帰り道渋滞あり→高速渋滞途中までなし
帰り道で寄居のPAによったけれどここは星の王子様ストアでなかなか感じが良かった上に、飲んだコーヒーがとても濃くて眠気も取れて\∥^O^∥/

ここで寄り道したせいでこの後渋滞になったうえに土砂降り。
それでも帰りは予定通り八王子インターから出て無事に帰宅。

本当は3時間でついて3時間で帰って来れるなら、のんびりとお茶をしたり、他のところによってもいいなぁ
なんて思っていたけれど、そんな余裕がなかったのはちょっと残念。

またチャンスがあったら行ってみたいところではあるけれど、高速代が高くなったらいけないだろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.09

ブースター

今日は久しぶりの友だちと一緒に一日ドライブ(だけじゃなかったけど)。
車内では、カーナビとプリントアウトしたルートマップとiPhoneが活躍。

iPhoneのルート探索がこれほど役に立つとは思わなかったのでびっくり。
自分のいるところをきちんと表示してくれるのでたすかった。
出来ればルートの変更とかできるといいのだけど・・・
きっと方法があるんだろうな。

で・・・
そんな使い方をしているとそれでなくてもバッテリーのヘリの早いiPhoneだからあっという間に30%の充電量に。
そこでCosは自信を持って、エネループの細長いブースター・・単三電池を2本入れて使うタイプ・・・をつないだのだが・・・余り充電できない・・・
困った・・・
(家に帰って気がついたんだけど、充電ケーブルがよくなかったのかもしれない)

googlemapの便利さは何者にも代えがたいものがあるんだけどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.02

数学も頑張ろう

お正月、昨日は昨年を振り返り・・・・

ふと気がついたことは「数学をやってない」・・・∥^o^∥

時間も余裕もなかったのは事実だけれど、美術館に行く時間があれば数学ももう少しできたはず。
新しいことができなくても今まで培ったものを充実させることなら細切れの時間でもできるかもしれない。

ということで、今年は数学のページももう少し頑張りたいと思ったお正月でした。

・・・・が、正月二日の今日は当然お出かけ∥xx;∥☆\(--メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.03

キャンセル

さっき,明日の宿をキャンセルした.
最初は3日間泊まる予定だった.
前日になるたびごとに次の一日をキャンセルし続けて今日で3日目.
まだ、日帰りで出かけることは可能かもしれないけれど・・・・

風邪でレントゲンを取ったら胸に水が溜まっていて,慌てて入院して水を抜いて検査をしたのだが、認知症があるということで,すべての決定をこちらでしなければならない.
しかもある意味で本人は何もわからないまま(正しくはいくら説明を聞いても忘れちゃうのでわからないままなのだが)に突然入院させられて,点滴や胸水を抜く管が体につけられてしまったのだ.
そうした不愉快なものをとろうとする・・・もちろん説明されれば納得してやめるのだが,認知症だからそのことをあっという間に忘れてしまって,「不愉快なもの」ということだけが残る.

見ていないところで点滴を外そうとするので,手にミトンをはめたけれど,そのミトンも外しちゃうからミトンをした上で手を固定されてしまっている.

Cosがいってそばについている間は外してもいい。
Cosにできることは「お目付け役」になってミトンを外したままでいさせてあげることぐらい.
しかも毎日のように病院側から「あれが足りない」「病状の説明」「同意書にサイン」と色々と言われるから,病院にはいかなくてはならない.

せめて1日2日と思っていたのだが,今日の検査結果でガンが見つかり,これから何が起こるかわからない状態になってしまったのだ.

仕方なく今日、宿の予約を全てキャンセルした.

例えばこれが自分の親だったり子供だったりしたらきっとキャンセルすることに躊躇したり,がっかりすることはなかったんだろうな.
そう思うと申し訳ない気にもなってくるけれど,その一方で「どうしてCosが?」という気持ちもぬぐい去ることができない。

そして衝動的にこの本を買ってしまった.
行けるんだろうか???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧