« 楽しい国芳 | トップページ

2017.04.28

花*Flower*華・・・

山種美術館(クリックすると山種美術館にリンクしています)で開催中の「花*Flower*華-琳派から現代へ-」展 2017年4月22日(土) ~ 6月18日(日)の特別内覧会に行ってきました。

P1040602

             (写真はすべて内覧会で山種美術館の許可を得て撮影したものです)


ちょうど季節も春の花の季節。「自然の花」と「描かれた花」の対決だなぁなんて思いながら行ったのですが、実際には「対決」じゃなくて補完という感じでした。決して自然の花と張り合うのではなく、自然の花の中から画家が見たものを紙の上に写し取っているという感じかな。
上の写真ポスターにもなっている田能村直入の「百花」のようにぎっしりと花が描かれたものは少なくて、ほとんどが描いた人のその花に対する思いが伝わってくるようなものが多かった。

 入って最初にCosの目を引いたのが、

P1040605

                         奥村土牛「木蓮」 山種美術館

写真などにしてしまうとそのよさはどこかに消えてしまうような気もするけれど、実際に見てみると何かはわからないけれど奥村土牛の気持ちが伝わってくるような気がしてくる。

 この土牛は「醍醐」という作品で京都・醍醐寺三宝員の枝垂れ桜を描いている。これもまた、ただ桜が咲いているというよりは他のものも見えているような気がしてくる一枚。花の咲いている上側と左右が切り取られているのだ。彼は何を思って切り取ったんだろう?

P1040613
                        奥村土牛「醍醐」 山種美術館

 この桜の切り取り方は自然の中で桜を見たときには決して出てこない。絵画ならではの表現。きっと花の絵を見るというのはこういうものも味わうということなんだろうな。

 作者の気持ちというものは感じなかったけれど、鈴木其一の「四季花鳥図」には実際の季節にこだわらず、四季の花が描かれている。

P1040619
                         鈴木其一「四季花鳥図」 山種美術館

 美しい花をすべて描きたいと思ったんだろうなぁ・・・

同じようにすべて描きたいと描かれたのが田能村直入の「百花」。これは巻物になった作品で思ったよりも小さかったけれど、そこに描かれた花は一つ一つ見るのも大変なほど。これだけを見ていても楽しい。

 加山又造の「華扇屏風」は地を描き、そこに扇をちりばめてある作品。この地の部分を描くのに、銀箔を用いたり、いろいろ加工したりしていろいろな味わいを出している。Cosは扇ではなくこの地の模様ばかりを見てきてしまった(笑)

P1040641  
                         酒井抱一 「月梅図」 山種美術館
 今回の写真はどれも美術館から許可をいただいてうつさせてもらったのだが、この酒井抱一の「月梅図」だけは誰でも写真を撮ることができる。Cosなどはへたくそだからなかなか思うように取れないけれど・・・

 そして第2会場は牡丹が花ざかり。それぞれに描き分けたボタンを見比べるのも楽しい。

 それから和菓子。

 

P1040651

 真ん中の「朝つゆ」は山口蓬春の「梅雨晴」のアジサイをモチーフにした一品。これが一番楽しかったかもしれない。今見てきた絵を思い出しながらお茶とお菓子をいただくひと時は山種美術館ならでは。

 5月5日のこどもの日にちなんだ期間限定のお菓子もあるとか・・・そんな休日もいいなぁ
#花展 #山種美術館









|

« 楽しい国芳 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/65209834

この記事へのトラックバック一覧です: 花*Flower*華・・・:

« 楽しい国芳 | トップページ