« ポーラ美術館ギャラリートーク駅伝 | トップページ

2017.01.26

映画 レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮

 映画「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」のトークショー月特別試写会に行ってきました。

001

ドキュメンタリーと言うことなので、どこがどんな風にドキュメンタリーなんだろうと楽しみだった。
 スタートはミラノの美術館でのダヴィンチ展。現在と過去を行き来しながら知っている話、知らない話が見事な映像とともに繰り広げられる。

なによりもあの大スクリーンに繰り広げられるダヴィンチの絵が広がるのは圧巻。
 ダ・ヴィンチの絵が日本に来てもじっくりと見る余裕などなく、「止まらないでください」と追い立てられるように絵の前を通過するしかない、もっとじっくり見たい部分はたくさんあるのに・・・と思う細部が大画面で見られるのはとてもうれしい。
 ストーリーよりも何よりも、一つ一つの絵を見ることに熱中していたかもしれない・・・。

006


 ドキュメンタリーだからだろうか、「ラ・ベル・フェロニエール」や「白貂を抱く貴婦人」は当時の衣装そのままにモデルも登場。「白貂を抱く貴婦人」の不思議なヘアースタイルが現実のものとなって現れたのにはびっくり。あんなにぴったりとあごの下まで髪の毛を回せるものなんだろうか?と言う疑問も解決。そして、この白貂の姿勢の不思議さも、映画の後のTakさんと池上先生のトークの中で解決。また、そのときの話からラ・ベル・フェロニエールのあごの辺り、洋服の赤が映っているという斬新さについての話もあった。この部分はもう一度見に行きたいなぁ・・・というか現物を見たいよなぁ・・・

003

そして、修復された「最後の晩餐」テンペラだと言うのにダ・ヴィンチは筆が遅かったこともあって、痛みがひどかったとも。拡大された映像を見て「こんなに・・・」とショックだった。たぶん、映画出なければ気づかなかった部分も多かったんじゃないだろうか。

そして、映画の後のTakさんと池上先生のトーク。

Img_1365_2
もう何年も池上先生の話を伺うチャンスはなかったんだけど、やはり面白い。Takさんもうまく話を引き出して、さすが。メルツィとサライの話や、「サライは美男子?」なんてい話まで出てきたり、「白貂」についても実際に絵を描くときに抱いたのはほかの動物、たぶん猫、だろうなんてい話も楽しかったです。

 池上先生の話を踏まえて、もう一度見てきたい映画であることは間違いなし。

2017年1月28日(土)から銀座のシネスイッチで公開。




|

« ポーラ美術館ギャラリートーク駅伝 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/64765076

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮:

« ポーラ美術館ギャラリートーク駅伝 | トップページ