« 青森県立美術館 | トップページ | 三内丸山遺跡~~その2~~ »

2013.09.29

三内丸山遺跡~~その1~~

 今回の旅行で一番得をした気分だったのはここ。

 青森県立美術館の人に「6時までやっていますからこれからでも間に合いますよ」と言われてその気になって数百メートルの距離を鞄を転がしていってみたところ、
「発掘現場見学--本日17:00まで」の文字。一旦は鞄を転がしていこうかと思ったけれど、実際には細い林の中の泥の道を上らなきゃならないことが分かったので、慌てて時遊館の総合受付に荷物を預け、発掘現場へ。

 到着したのは16:50。つまり、終了10分前。しかし、現場でまだ説明している方がいたのであわててそこに加わって説明を聞く。

P1150309

 この何のことはない地面の白っぽくなっているところが道路の跡だという。明らかに土の硬さが違っていて掘ってみるとすぐわかるのだそうだ。

 この道路の幅は10mもあり、長さもわかった限りでは300m以上のものと400m以上のものの2本(だったと思う)。道路と言っても2,3mも幅があれば十分なはずの縄文時代になぜこの幅の道路があったのか、道路ではなく広場だったかもしれない、祭祀場だったかもしれない、それについてはまだわかっていない。

そして道路のすぐわきにはたくさんの土杭墓。この遺跡では道路の両端にたくさんの土杭慕があったそうで、死者が生者とともにいたとのこと。

P1150310

 この石の並べ方が環状配石といういわゆるストーンサークル。三内丸山遺跡ではいくつも出ているが、ほかの環状配石は何体もの土壙墓の周りに配置されているのに対して、今見つかっているこの環状配石からは一基の土壙墓しか見つかっていないという。もしも、それが正しければ新しい発見につながるのだも。

 最近発見された人面土器を発見したのもここにいらした方。と言ってもほかのものを掘っている時に見つけたとのことでしたけれど、そんな話を聞くとこっちまで気分がわくわくしてくる。

 あっという間に5時過ぎ。もうとっくに終わっている時間なんだけれど、最終日ということもあるのか、まだまだくる見学の人に丁寧に解説をしてくれている。申し訳ないなぁと思いながらも発掘の様子、あっちでは土杭慕がたくさん出たとか、土器が出たとかのお話を楽しく聞いてしまった。

 時遊館に戻ると閉館時間まであと30分ほど。発掘現場に行く前に総合受付の方に聞いておいたバスも閉館時間直前なので、ぎりぎりまで「さんまるミュージアム」を見ることにする。

P1150354a

 2013年9月23日までの展示の縄文ポシェット。本当にポシェットかどうかは別として、実物を見られたのはこれもとてもラッキー。(もちろんほかの時期に来ればその時の目玉がやっぱりあるんだろうけれど)

 バスの時間ぎりぎりまでさんまるミュージアムを見たけれど、やはりミュージアムも見終わらないし、発掘現場以外の遺跡も全く見ていない。

 翌日は海を見に行こうかなと思っていたのだが、まだまだ三内丸山遺跡をろくに見ていないので、予定を変更して、翌日もここに来ることにした。

|

« 青森県立美術館 | トップページ | 三内丸山遺跡~~その2~~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/58286439

この記事へのトラックバック一覧です: 三内丸山遺跡~~その1~~:

« 青森県立美術館 | トップページ | 三内丸山遺跡~~その2~~ »