« 寿ぎの「うつわ」 | トップページ | 2013写美のお正月 »

2013.01.03

メトロポリタン美術館展

2013年1月2日の二つ目は上野の都美術館のメトロポリタン美術館展
201210_001

2013年1月4日(金)まで

ここは残念ながら無料じゃなくて有料。1月4日に終わってしまうから駆け込みで…・
といっても実はこれは去年のうちに一度見に行っているので今回は本当に見たいものだけをさらっとみるだけ。

同じ時期に新国立で「リヒテンシュタイン・・・華麗なる侯爵家の秘宝」展(2012年12月24日まで)やっていて周囲の人たちの評判としてはこっちのほうがよかったんだけどCosはメトロポリタンのほうがよかったように思う。

サブタイトルの「大地、海、空—4000年の美への旅」が語るようにエジプトから近代までの自然にかかわるいろいろな作品からなっているのでテーマの切り口が他とは違っていて持ってきているものの統一性があまりにゆるいということもあるんだろうけれど、このテーマ、Cosにとっては好きなもの満載という感じでテーマを聞いただけでもうれしくなってしまう。
(リヒテンシュタインは肖像画が多かったのもあるかも)

(いつまであるかわからないけれど)メトロポリタン美術館展のオンラインギャラリーを見るとどんなものがあったかもよくわかる。
BC400ごろにあるエジプトの猫の小像はいくら見ても見あきないし、ここにはないけれど、ホルス神「ネクタネポ2世を守護するハヤブサの姿のホルス神を表す小像」のホルス神もいい。ハヤブサの足元にいる人間はいかにもハヤブサが守ってやってるぞっていう感じ。

今回の目玉でもあるフランソワ・ポンポンの「シロクマ」大理石でできているんだけれど、そのきめ細かさはやわらかい毛皮のようだし、太いあしはとても優しそう(実際は凶暴なんだけどなぁ)線で描かれた眼はどこかにこやかな感じもしてくるし、人間なんか超越した存在としてしか見ていないようにも見えてくる。
小さな像なんだけど見ているとどんどん大きくなってきて・・・・
人の邪魔にならないところからずいぶん長い間対話してきた気がする。

今回Cosがじっくり見てきたのはミレーの「麦穂の山」麦を積み上げて作った麦藁の山は今は作られないのかもしれないけれど、いろいろな人が描いている。
作業が終わって取りきれなかった麦の粒を羊たちが食べているのかもしれない、ほっとするひと時。

ルノワールの「浜辺の人物」って・・・別にこれじゃなくてもルノワール独特のほんわかとした色遣い、筆さばき。
これはまねをしているかのような作品を見ることは少なくないけれど、ここまで本和歌していることはまずない。これも写真で見るのと実物を見るのとでは作品のまろやかさがずいぶんと違うので、どうしても見たかった。

ルドンの「中国の花瓶に活けられたブーケ」・・・・去年は三菱一号館のルドンを見損ねてしまったのがいまだに悔しい。

ビアスタットの「マーセド川、ヨセミテ渓谷」写真を見るかのような作品。この作品のところじゃなかったかもしれないけれど、見に来ている人が「写真と同じじゃないか」みたいなことを言っていたけれど、確かにその通りだし、もしかしたら写真でも同じような感じのものが撮れると思う。
この時代、カメラが今のように自由なものじゃなかった時代にその美しさを伝える方法としての絵画なのかもしれないけれど、写真では決して伝わってこない何かがそこにはありそうな気がしてならない一枚。

そして外すことのできないゴッホの「糸杉」彼の心と糸杉を吹き渡るそよ風が一つになっているかのような感じ。(糸杉のほうに風が吹いているのかどうかは分からないけれどね)
いくら見ても見あきない。

イギリスでたくさん見てきたターナー。「ヴェネツィア、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の柱廊から望む」(なんでこんなに長いタイトルなんだ…・)イギリスで見て感動して帰ってきたせいだろうか、これまで日本で見てきたターナーに比べてすごくいいような気がする。

モネの「マヌポルト(エトルタ)」は確かにモネらしい絵なんだけれど、彼の絵にしては荒々しく感じるのはどうしてだろう?

セザンヌもふわーとしていてとてもよかったし、ゴーガンのタヒチの女たちもどっしりとしていて安心感のある絵。
これ以外のものも決して悪いわけではないけれど、こんな感じで何枚かの絵をじっくり堪能。
お正月の都美術館なのでそこそこ混んでいたけれど、全部ではなく見たいものだけを見るのなら十分に楽しめた。

本家のメトロポリタン美術館もせめて1日ぐらいかけてのんびり見てきたいなぁ・・・・

(オンラインギャラリーがなくなっていた時のためにチラシから

201210_002201210_003


|

« 寿ぎの「うつわ」 | トップページ | 2013写美のお正月 »

コメント

こんばんは。
メトロポリタン二回目ですか、僕は一回で充分というか、普通1500円が上限なのに、ここは1600円取るんだもの。
次はエルグレコ、どうなりますやら。
さて頑張って一日にいろいろ廻っておられるCosさん、図録とかは買われているのかな?
メトロポリタンは再訪だから必要ないだろうけど。

投稿: oki | 2013.01.03 22:30

おのでぇす
あちゃらの来訪がありがと♪

Cosさんもめちゃくちゃずっと忙しそうですね。

Cosさんの最近の書き物をみて
今年はボクも絵をたくさん見たい!と思いましたわ。

また今年もよろしくです!

投稿: ono | 2013.01.04 09:30

>okiさん、
いつもありがとうございます。普段だったらCosも一回で十分な時が多いんだけど…これだけは別でした。
エルグレコは間違いなく行っても一回だけだと思います。
図録は・・・基本的には買いません。今回は特に実物を見るために再訪したわけですし…

>おのさん
いやぁほんと久しぶりです。
(かけないので)いい絵をたくさん見たいと思うようになったのはおのさんたちの影響ですぜ。
Cosも新しい仕事でもう2,3年は頑張ってみようと思っています。

投稿: Cos | 2013.01.04 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/56457750

この記事へのトラックバック一覧です: メトロポリタン美術館展:

« 寿ぎの「うつわ」 | トップページ | 2013写美のお正月 »