« 早朝の清水寺 | トップページ | 須田悦弘展 »

2012.12.09

ブリ美ナイト

今の仕事になってから、いろいろな企画に参加できずに歯がゆい思いをしているけれど、日曜日の夜というCosでも参加できる時間の「ブリ美ナイト」・・・正しくは「ブリヂストン美術館ナイト」。
ブリヂストン美術館は今年で60年、その60周年を記念してのいろいろな企画があったし、その中でも「あなたに見せたい絵があります。」というテーマは押し付けるほどではないけれど、「さぁ、見てください」と言わんばかりでとても印象に残ったし、ドビュッシー展はもう一度彼の作品をたくさん聞いておけばよかったと思ったりもした。

「ブリヂストン美術館ナイト」をやると聞いて、しかもそれが日曜日の夜という願ってもない時間だということを聞いて、一も二もなく手を挙げたのだった・・・・・試験直前だというのに・・・

そんなこんなで本当はもっと早い時間からいって、一通り見てから参加したかったのだけど、結局あれこれしているうちに遅くなって、着いたのはもうすぐ始まろうという時間になってしまった。

最初は最初はブリヂストンの賀川さんと三菱一号館美術館の阿佐美さん。賀川さんがブリヂストンの60年を振り返る。P1130004
常設を中心とした美術館であること、いつでもここにきてなじみの絵を見ることができること・・・ある意味で生活の一部としても美術館であること。
確かに、東京駅まで行って時間があって、なおかつぐるっとパスがあれば必ず行くことにしている美術館だ。

そして、「印象派」のはずなのになぜ古代のものや現代のものまでがあるのかなんて言う話もとても面白かった。

それに引き換え、三菱一号館はまだまだ自然によれる美術館にはなっていない。出来てからあまり時間が経ってないこともあるし、常設展示がないこともあって、その時々の展示に関心がなければ行こうと思わないかもしれない。特に時間に余裕のない今はそう。
P1130005
三菱一号館美術館の阿佐美さん。
古い建物でもあり新しい建物でもある一号館について語ってくださった。

面白かったのはお二人の対談で建物の構造による展示や気を使う部分などの話。
一号館は古い建物の構造そのままなので下の階の天井から上の階の床までの距離(幅といったほうがいいのかな?)があまりないことや、天井が低いので展示する作品に制限があること

ブリヂストンも天井の梁があって、それなりに工夫しているけれど、やはり制約を受けていることなど・・・

第二部はブロガ―対談。
Cosもよく知っているおふた方と、六次元の中村さんの対談。
弧の中村さんの作ってくださった相関図が秀逸。

P1130043
また、この門外不出のセザンヌの「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」にまつわる話もとても面白かった。

シャトー・ノワールの絵はいくつもあるけれど、このサント=ヴィクトワール山と一緒に描かれたものはほとんどないこと・・・以前に一度だけ貸しだしたことがあること・・・・一枚の絵の中にもいろいろな歴史が詰まっているのだ。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、二階で展示を楽しむ。
さすがにところどころ人は集まっているけれど、(時間がないながらも)じっくりと見ることができた。


館内ではミニギャラリートーク。
P1130049
カイユポットとドビュッシーの関連についての話。ここにある楽譜はドビュッシーのものではなく、横に置いてある楽譜がどうやらドビュッシーの先生の作品だったらしい(だったと思った)とか、ここに描かれているピアノは当時フランスではやっていたピアノだとか、細かな光の反射の様子まで描きこまれているという話とか…
時間は短かったけれど、とても楽しい話を聞いてきた。
P1130079
そしてそのピアノを聴き入るルノアールの少女「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」。
画面から見えないところではこの二人の間に会話がありそうな雰囲気。
どんな事を話しているんだろう??

このあとちょっとだけ懇親会にも顔を出したけれど、まだテスト問題のできていなかったCosは後ろ髪をひかれながら他の方たちより一足お先に会場を出た。
外に出ると雨が降り始めていて・・・ちょっとさびしい雰囲気。


|

« 早朝の清水寺 | トップページ | 須田悦弘展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/56281024

この記事へのトラックバック一覧です: ブリ美ナイト:

» 「ブリヂストン美術館ナイト」無事終了しました。 [弐代目・青い日記帳 ]
ブリヂストン美術館60周年を締めくくるイベントとして開催された「ブリヂストン美術館ナイト」無事終えることが出来ました。 準備期間僅か2週間しかなかったにも関わらず、100名を超えるブリヂストン美術館ファンの方々にお集まり頂けたことに感謝感謝です。 簡単に本日のイベントを写真で振り返ってみましょう。 1:トークイベント−ブリヂストン美術館開館60周年を振り返って− 第一部 学芸員対談 ブリヂストン美術館VS 三菱一号館美術館 出演:ブリヂストン美術館学芸員 賀川... [続きを読む]

受信: 2012.12.09 23:32

« 早朝の清水寺 | トップページ | 須田悦弘展 »