« 須田悦弘展 | トップページ | 年の終わりに2012 »

2012.12.27

Over The Rainbowほっとするひととき

午後から時間ができたので、仕事の帰りみちに府中市美術館に行ってきました。
Over The Rainbow 展 2013年2月24日(日)まで
201212overtherainbow_004

はっきり言って「これぞ」というほどすごい作品はないけれど、夕方だったこともあって人がほとんどいなくて静かにのんびりと観賞できてとてもよかった。
作品としてもCosの好きな伊庭靖子さんのカップがいくつか展示してあったし、常設展のロビーにはゼリーを描いたUntitledもあったからそれだけでも満足だった。

伊庭さんの作品はいつもまるで写真のようなのに、写真では決して表せないものを表現している気がする。写実的に描いているように見えるのに、写実でない何かがそこにはある。
光を受けてその光を反射している陶器もゼリーも絵の具で描かれている。
絵の具で描かれた光がやわらかくてとても好きだ。

mamoruさんの作品は発想がとても面白い。
天井から氷を吊るしてその氷が解けていくときに落ちる水滴を瓶で受けてその音を聞こうとしたり、空っぽのペットボトルを並べて扇風機の風を当ててその音を聞こうとしたり・・・・どちらもあまりに音が小さくて「いいな」と思えるような音ではなかったのが残念・・・発想は面白いと思ったんだけどな。試してみなかったのかなぁ??
彼のもう一つの作品、金属のハンガーをたくさん並べて洗濯ひも(のようなもの)にかけ、やはり扇風機の風を当てるというものは金属のしゃらしゃらいう音がなんだか耳に心地よかった。

そして、数学的に面白かったのが、Rocca Spiele。紙に印刷されたカードゲームなんだけど、一つ一つのカードがまるで立方体のように見える。
これについてはまた見てこようと思っているけれど、だまし絵的な面白さがあって、とてもよかった。

もうひとつ、同じ府中市美術館の市民ギャラリーにあった、Blank・・・萩谷但馬さんの個展がとても面白かった。
20121227black_002
これだけみるとちっとも面白くないのだが、これと同じようなものがギャラリーの広い空間いっぱいに天井から床まで広がっているのだ。
床の上に置かれた部分の上を歩いて中に入ることができる。
白と黒の縞で描かれた作品は絵柄としては細かいところまで描かれているのに全体としてはとてつもなく大きい。
見た瞬間に若さと(ある意味での)無鉄砲さを感じさせられてとても面白かった。
こんなにとんでもなく大きい作品は展示される場所が限られるだろうけれど、またチャンスがあったら見てみたいな。


|

« 須田悦弘展 | トップページ | 年の終わりに2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/56407939

この記事へのトラックバック一覧です: Over The Rainbowほっとするひととき:

« 須田悦弘展 | トップページ | 年の終わりに2012 »