« 日本橋展 | トップページ | バッキンガム イギリス(1) »

2012.07.29

アラブ・エクスプレス展

「アラブ」と聞くと戦争、あるいは紛争というイメージが最初に浮かんでくる。産油国とか、イスラムとか、ベールとかといった言葉はその後から追いかけるように浮かんできて、最後はアラビアンナイトで落ち着く。

森美術館で2012年10月28日まで行われている「アラブ・エクスプレス展」はまた違ったアラブが見られるのではないかと随分前から楽しみにしていた。

アラブの現代美術P1090958

作者たちにとって「アラブ」という言葉でひとくくりにされるのはきっと意にそぐわないだろうなぁと思いつつ、それでも意識しなくても共通項を見つけようしながら見てきたような気がする。

そして、否定しようとするまいと戦争の大きな影の影響を受けた(基本的には)男性が描いているという印象を受けた。

一番面白かったのはこれ。

サーディク・クワイシュ・アル・フラージー 《私の父が建てた家(昔むかし)》
一室の壁いっぱいに描かれた人の形と両親の写真と壁にかけられたスーツ。

これは爆撃のあと父の家に残っていたものだという。

P1090965

この上に彼は黒く描かれたアニメーション・・・ちょっとケントリッジに似ている感じかも・・・が流れていく。
たぶん、彼が住んでいた頃の過去の思い出が流れていくんだと思うけれど・・・平和なアニメーション。

P1090966

こうしたアニメーションが終わったあと再びスーツと写真と巨大な人型だけが残る。
動くことのないこうしたものは過去と現在をつなぐものなんだろう。
映像として映し出すしかない過去・・・爆撃はなかったけれど、今の日本でも同じような場所がある。

そして、マハ・ムスタファの 《ブラック・ファウンテン》

P1090973

製油所が爆破されて燃え上がり、その火が続いている間に雨が降ると、こんな黒い雨が降ったのだという。
窓の向こうには平和な六本木の街が広がり、白い部屋の中で吹き上げている黒い水はすこしずつ床にも飛び散り、真っ白な床も灰色に染めている。彼等のところには言葉通り黒い雨が降ったのだ。
前にどこかで見たインクの噴水とも似たような発想かもしれないけれど、意味するところはずっと重い。

P1090974


こうやって見てみると印象に残っているのは戦争、紛争の影を色濃く残しているもの。
それが当たり前の日常の中に埋め込まているのがアラブなのかもしれないなぁ・・・・

実際にはそれは現象としてはアラブだけのことなのかもしれないけれど、意味としては等しく世界中が抱えているのであり、平和そうに見える日本だって・・・・実は同じように目には見えない黒い雨が降り・・・Cosたちを取り巻く気象も次第に荒々しくなってきている。

そうした状況の中でCosたちが未来に向かって語るべきことはこれだけなのかもしれない。

P1090995

アーデル・アービディーンの《アイム・ソーリー》

|

« 日本橋展 | トップページ | バッキンガム イギリス(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/55309956

この記事へのトラックバック一覧です: アラブ・エクスプレス展:

« 日本橋展 | トップページ | バッキンガム イギリス(1) »