« 地上の天空 故宮博物院展 | トップページ | たむらしげるの世界展Ⅱ »

2012.05.07

アートオブコネクティング・・・田中敦子の丸と線

東京都現代美術館で5月6日までの「田中敦子 - アート・オブ・コネクティング」。

どうもCosは初期の作品が「いい」とはあまり思えない。たくさんの蛍光灯をつないで作った電気服もそうだし、たくさんのベルが時間差で鳴り、ベルの音が遠くに離れまた戻ってくるなんていう作品は、どちらかと言うと(本人の意志にはかかわりなく)奇をてらっているような印象を受けてしまうのだ。
「こんなことをやってみました」「あんなことをやってみました」という感じだろうか。

それに比べてたくさんの丸から出ている曲線が、つながったり、バラバラだったりしながら描かれている作品は逆にとても親しみを感じる。
見た瞬間に思ったのが、数学者のマンデルブローの「自然は真っ直ぐではない」という言葉を見せているような気がしたくらいだ。

たくさんの丸と曲線が彼女自身のあり方を表しているようで、心のなかを描いているようで、はたまた世界を表しているかのようでとても面白かった。


二階の窓から一階の展示室の入口のところまで太い太いチューブ(のように見える)が下がっていて、膨らんだりしぼんだりしていた。


between here and there is better than either here or there》は、タイトルの通り
バルーンによって、2階展示室の空間を1階のエントランスに引っ張り込み、隣り合った空間であることを
視覚化している。バ ルーン状の布は区切られた空間でつくられたごくわずかな圧力差によって膨らんでいるが、
2階展示室の扉を開けることで、若干の気圧変化が生じてバルーンは音を立てて収縮する。いわばこのバルーンの
内部に存在しているのは空気という物質ではなく、田中敦子が布の作品や《作品》(ベル)で表現した「現象」
なのである。


2回の休憩室の入り口のところには壁とドアが作られていて、ドアをあけるたびに太い太いチューブ・・・半径2mぐらいあるだろうか・・・しぼむのだ。
その動きはまるで食道の動きのようにも感じられて、(現実よりもずっと大きな)クジラに飲み込まれたピノキオがクジラの胃の中で見ていた動きのようにも見えてくる。
何をもってアートとするのかというのはとても難しく、かつまたすべてはアートにつながるのだからアタリマエのことでもあるんだろうけれど、見学者の何気ない行為が作品を作っているのがとても面白く、ついつい長居をしてしまって、常設展をのんびり見る余裕がなくなってしまったのはいつものとおり。

|

« 地上の天空 故宮博物院展 | トップページ | たむらしげるの世界展Ⅱ »

コメント

ベルは確かに奇をてらっているような。
大音響で響きますから、お年寄りが非常時と勘違いしてましたよ。
二階は現代作家の展示もありましたね。-

投稿: oki | 2012.05.09 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/54650909

この記事へのトラックバック一覧です: アートオブコネクティング・・・田中敦子の丸と線:

« 地上の天空 故宮博物院展 | トップページ | たむらしげるの世界展Ⅱ »