« 靉嘔 再び虹のかなたに | トップページ | アートオブコネクティング・・・田中敦子の丸と線 »

2012.05.05

地上の天空 故宮博物院展

 東京富士美術館は創価学会の持っている美術館で、いい絵をたくさん持っているけれど、場所がちょっと遠いので、なかなか行けない美術館の一つ。

 先日上野の等伯で見てきた故宮博物院展で気になった「地上の天空 故宮博物院展」をどうしても見たいと思っていたら、チケットを頂くことができたので一も二もなく出かけてきた。
日曜日だったこともあって場所の割には(あるいは創価学会に来た人がついでに見てたのかもしれないけれど駐車場に入ってくる車は必ずしもそうではない感じ。)人が多くてのんびり見る感じはなかったのが残念。
東博は日本の国宝や重要文化財級の一級文物ばかりで歴史的な重み、芸術的な価値の高いものが多かったけれど、こちらはきらびやかな宮廷をしのばせるようなきれいなものがいっぱい。
華やかな宮廷を思わせるようなものが多かった。

こうした華やかさにあこがれる人は多いんだろうけれど、説明文にあった故宮のしきたりの厳しさがまたとても印象的だった。
しきたりや作法を重んずることで格式が保たれている・・・それが文化を創り出しているということなのかもしれない。
普段生活している日本の現状ではしきたりや作法はどこかに消えている部分がかなりある。それが必ずしも悪いこととは思わないし、こうやって歴史は一番生活に密着した部分から変わっていくのだろうけれど、もしかしたらそうしたことも実は大切なのかもしれないと思った。

この特別展に対して、常設展は人も少なく、のんびりと楽しむことができた。
ここのコローの絵とかルノワールとかはいつみてもほっとする。
たぶん、常設のほうが時間をかけてみた気がする。見終わって外を見たら土砂降りの雨。この雨の多さ、激しさもまた、歴史の流れを感じさせるのかも。

|

« 靉嘔 再び虹のかなたに | トップページ | アートオブコネクティング・・・田中敦子の丸と線 »

コメント

僕は帰りのバス停の大渋滞に驚きましたが、Cosさんはお車ですか?
故宮の方は女子どもに展示を絞ったのが、よかったです。
常設はラトゥールにカナレットにと、常設といってもめったに来ない美術館ですから、楽しめますね。
僕は特別展が混んでいたので、飛ばしてみて、常設みて、特別展が空くのを待ちました。
しかし、4時20分頃やってくるお客というのは、何を考えているのかと。

投稿: oki | 2012.05.05 22:08

ここは無料の駐車場がたくさん(Cosがとめたのは第11駐車場だった)あるし、交通の便も悪いので、車で行きます。
ガソリン代もあんまりかからないので、チケットがあれば、4時過ぎに行ってちょっとだけ見て帰ってくるなんていう荒業も可能です(爆)
教会員の人はチケットが貰えるのかなぁ・・・

投稿: Cos | 2012.05.06 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/54634945

この記事へのトラックバック一覧です: 地上の天空 故宮博物院展:

« 靉嘔 再び虹のかなたに | トップページ | アートオブコネクティング・・・田中敦子の丸と線 »