« 年の始の樹木葬地 | トップページ | 山種コレクション展 »

2012.01.04

フェルメールからのラブレター

Bunnkamuraで去年の暮から展示されている「フェルメールからのラブレター展」
手紙にかかわるフェルメールの絵が3点来るというのでかなり前から楽しみにしていた。
201112_005
201112_003
201112_005_2

今回来たのはこの3枚。
行ったのが夜だったこともあって、人もあまりおらずのんびりじっくり見てくることができたのはとても嬉しかった。

こうやってじっくり見てみると改めてフェルメールという人の絵はサッと見るものではなくてじっくりと向き合って対話してくるものなのだと痛感してきた。

これはフェルメールに限ったことじゃなくて、オランダ絵画にはそういった物語性が内在しているような気がする。絵を絵として楽しむだけじゃなくて、その中にあるものがたりを訪ねてみるという見方がどの絵についてもできるのだ。
それは他の国の画家たちが人物を描いた時との大きな違いかもしれない。
しかも、オランダ絵画の初期のものは人物の表情が殆ど無いように見えるので、そこからいろいろな感情も読みとかなくてはならない。
彼等は表情を描くんじゃなくて、情景を描くことに力を入れていたのかもしれないなぁ・・・

そんなことを感じてきました。

そしてもうひとつ、「手紙」のもつ意味。
この頃からようやっと個人と個人の間でのプライベートなメール(元々の意味のメールだ)が可能になったのだと言う。
ワクワクしながらあの人からの手紙を見るという気持ち・・・
あの人のことを考えながら書く手紙・・・
そして返事が帰ってくるまでに待つ長い長い時間。

今と違って(寿命は短いのに)ゆったりと時間が流れる時代であっても、待っていた返事が来るときの気持ち、返事が来るまでにはずいぶんと時間がかかってしまうので、場合によっては心変わりをしているかもしれない、そんなドキドキ感を持ちながら手紙を読む・・・

いろんなストーリーを読み解きながらじっくりと眺めた至福の時間。

|

« 年の始の樹木葬地 | トップページ | 山種コレクション展 »

コメント

まだ行ってないけど、フェルメールの作品は静けさの中で観たい。
つまり混雑してない時にー。
すると夜間開館日かなぁ。
手紙、このデジタル時代だからいいですよね。
メールとは違って、人の息吹が聞こえる。
Cosさんも書かれているように、手紙を待ったり。
そういえば僕らも帰ったら、どんな郵便物が来ているか楽しみだったりする。人間心理は時代に関わらずー。

投稿: oki | 2012.01.06 21:59

Cosが行ったときにはとても空いていました。
やっぱり昼間よりも夜のほうがいいのかもしれません。
東博は夜間開館がしばらく無いので行けるかどうか心もとないですが・・・

手紙のやり取り・・・優雅ですね。
Cosの場合には机に向かうと・・・・


机の上を片付けるだけで手一杯になったりして・・・∥>_<∥

投稿: Cos | 2012.01.08 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/53656957

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメールからのラブレター:

» 「フェルメールからのラブレター展」 [弐代目・青い日記帳 ]
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 「フェルメールからのラブレター展 コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ 」に行って来ました。 Bunkamura展覧会特集ページ 約半年間のリニューアル作業を終え12月23日よりオープンしたBunkamuraザ・ミュージアム(←サイトも一新)で開催される最初の展覧会。 世界に約35点しか存在しないヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer, 1632年 - 1675年)の作品が東京に... [続きを読む]

受信: 2012.01.14 00:44

» 「フェルメールからのラブレター展」を観賞 [kintyres Diary 新館]
bunkamuraザ・ミュージアムにて2011/12/23から開催されている「フェルメールからのラブレター展」(Communication:Visualizing The Human Connection In The Age Of Vermeer)を昨日、休暇を申請して観に行きました。この展示会の目玉は何と言ってもタイトルにあるように...... [続きを読む]

受信: 2012.02.01 21:54

« 年の始の樹木葬地 | トップページ | 山種コレクション展 »