« 山種コレクション展 | トップページ | 精神的な余裕のなさ »

2012.01.11

アートが創り出す新しい環境

「エル・アナツイの新作が出ている」と聞いた瞬間に矢も盾もたまらず大急ぎで見にいった都立現代美術館「アートが創り出す新しい環境展」。

201110_001

このところ「建築」関係の展示が多かったので、建築自体を見に行くんじゃなくて、「新しい環境」を見にいったかんじ。
そのくせ、「Bamboo House」・・・次から次へと継ぎ足していくことによって建築物自体がどんどん大きくなる。
実際に生活することが出来る「建築物」と言うよりは子供の頃に憧れた「秘密基地」の大人版の感じ(爆)
201110bamboohouse
しかも、会場には実物はなくて、写真のみ。
どこかで実際に作られているのを見て、中に入ってみたいな。
床も平らじゃないだろうし、結構下が見えて怖そうな気もするけれど・・・

そして、やっぱりエル・アナツイの新作ガーデン・ウォール。天井が高く広々とした空間である東京都現代美術館、それも3Fの更にその上の天窓(というのかな?)までの高い高い空間の中にかけられた彼の大きな大きな作品は今まで見た神奈川近代美術館葉山や、さいたま近代美術館でのイメージとは全く違って見えた。

前に見た2ヶ所のものが空間の中に収まり切らないスケールの大きさを感じさせたのに対して、ここではその大きさが伸びやかさに変わっているように見えた。

前に見たものが、作品の中に閉じ込められた想いが外に出てこようとしている感じだったのに、
ここではその想いがまっすぐに伸びてきている感じ。
丁度Cosたちが夢に見るアフリカの広々とした大地のように。

あるいは、荒神明香の「コンタクトレンズ」
天井から下げられた大小様々なレンズが向こう側の景色をそれぞれの位置に応じて映し出している。
こちらが動けば当然レンズに写った姿も動く、見ていると一枚のカーテンのように下げられたたくさんのレンズが立体的に配置されているかのように錯覚してくる。
向こう側に何があるかで作品の勝ちが決まってしまう感じもしたけれど、レンズ越しの世界は以前に見た、床に置かれたたくさんのガラスのボールに映し出されていた天井の景色という作品とも共通している虚像の面白さ。

あんまり「建築」という言葉にとらわれない、いろいろな作品を見ることができて、予想以上に楽しかった。

・・・・だから他のところへ行くい時間がなくなったりもしたんだけど・・・


|

« 山種コレクション展 | トップページ | 精神的な余裕のなさ »

コメント

またニアミスか、笑。
僕も今日行きました、午後3時から閉館まで。
アナツィ出てましたね、あれをアフリカの市民達と共同作業したのかと感慨深く。
ビデオが多く時間とられましたが、最後のヴィムヴェンダーズ、もし建築が話せたらに感動。建築の目指すものがちょっとみえたかな。
時間なくなって雲のなかの体験は次回ということに。

投稿: oki | 2012.01.11 23:30

建築が話せたらも、たしかに印象的なビデオでした。
「建築の目指すもの」というのはよく分からなかったのですが・・・

またその内に何処かでお目にかかれそうな気もしますね。

投稿: Cos | 2012.01.12 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/53714953

この記事へのトラックバック一覧です: アートが創り出す新しい環境:

« 山種コレクション展 | トップページ | 精神的な余裕のなさ »