« BIOMECANICA 異形の博物誌 | トップページ | 磯江毅=グスタボ・イソエ »

2011.09.27

羽の生えた恐竜

疑う人なんかいないと思うけれど、恐竜が好きだ。
ただ、Cosの場合にはその大きさにひかれるのではなく絶滅してしまった生物であること、その形の面白さがあって、その次にあれだけの大きい体で地上に生息していたことに惹かれる。

Cosが子供の頃には恐竜の姿は「ゴジラ」スタイルであって、小さな手で獲物を捉えていた。
それがいつの間にか頭の位置が下がって、頭から尻尾までが地面に平行にあったと考えられるようになった。
しかも今回はあの爬虫類らしい体の表面ではなく羽も生えていたのではないかといわれ始めてきているというのだ。

P1080437
Cosの子供の頃の恐竜のイメージとはずいぶんと違っているけれど、羽が生えたぶん、(羽の生え方がなんだか変な感じではあるけれど)身近な存在に見えてきたことも事実。
P1080439
骨の展示の仕方も子供の頃とは違うけれど、まだこっちのほうが馴染みがある。

石になってしまったものから、こうやっていろんな事実を掘り起こしていくのは本当に面白そう。

P1080447
ワニのように外側に向いてついていたと考えられていたトリケラトプスの前足も、なんだか自然な感じについていたと考えられるようになっている。
恐竜の皮膚の色もすこしずつわかりはじめている。
極彩色の恐竜なんていうのも面白そうだけど実際には保護色に近いものだったのかもしれない。
なんて考えてみたり・・・\∥^O^∥/

時間と共に発見されたことが増え、いろんな謎が解明され、更に謎が深まり・・・
見ているだけでなんだかワクワクしてくる。


最近は科学博物館の企画展は子供だましというか、お金を払ってみるのはもったいないような展示が多かったけれど、今回の展示に限っては子どもだけでなく大人も夢を楽しむことが出来る内容になっていた。

恐竜展の最後に、東北大震災で被害を受けた博物館の収蔵品が展示されていた。
津波を受けて泥だらけになったプレートやフニャフニャになってしまった本・・・・一旦失われてしまえば二度と元には戻らないものも少なくない。

今回はミュージアムショップでは何も買わずにそのぶんを全部(といっても大したことはないけれど)博物館の再建に向けての寄付にしてきた。
とはいえ、本当はもうティラノサウルスキティのボールペンをいただいていたのだけど・・・(いろいろとありがとうございました。職場で羨ましがられながら使ってます\∥^O^∥/ )


|

« BIOMECANICA 異形の博物誌 | トップページ | 磯江毅=グスタボ・イソエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/52848117

この記事へのトラックバック一覧です: 羽の生えた恐竜:

« BIOMECANICA 異形の博物誌 | トップページ | 磯江毅=グスタボ・イソエ »