« 紅板締め | トップページ | 楽器博物館 »

2011.09.04

秋野不矩美術館

本当は浜名湖にファスナー線を見に行きたかったから安い1Day浜松というチケットを取ったのだけど、「台風」。
となるとどう考えても湖の上を走る船は出航するはずがないので、チケットの変更が効かない以上、他の美術館へ。

ファスナー線を見にいっていたら、ちょっと離れているので行けなかったかもしれない、秋野不矩美術館へ。

P1080020
浜松からは遠州鉄道にのって終点まで行き、そこからタクシー。

天竜川とその支流の二俣川をわたり、更に山を登ったところにある秋野不矩美術館は趣きのある白壁と地元の天竜杉で作られている。

建物自体がそれだけで一個の美術品にもなっている感じ。
真っ白に見える壁はわらが混ざった白い漆喰の壁。
靴を脱いではいる一方の展示室の床は細く裂いたような竹で作った靴を脱いだ足に気持ちのいい素材。
もう一方はコンクリートの上になにか塗ってある感じのそざいで
展示室もそれぞれの部屋の顔を持っている。

201109_003

そして、秋野不矩の作品は・・・やっぱりインドに魅せられて何度となく通ったというだけあって、インドのものがいい。いろの使い方が何処か日本でもない、欧米でもない感じがしてならない。

何処かゆったりした大陸のリズムも感じさせる。
この不思議な色が見たくて行ってきた気もする・・・

|

« 紅板締め | トップページ | 楽器博物館 »

コメント

おお、浜名湖ですか、ウナギ召し上がりましたか?
1daysチケットというのは日時指定なのですか?
秋野ああインドへ行った人ねと思い出しました。
靴を脱いでって秋野のアトリエか何かなのかな?
さて僕はそろそろホキ美術館特急でいく時間調べないと。
百聞一見に如かずでこればかりは自分でみてみないと。

投稿: oki | 2011.09.04 22:49

1dayチケットは片道8700円のこだまが往復+1000円のキオスクチケットで12800円というお値頃価格なんだけど、(自由席なら)月日が指定なんです。(指定席だと乗る電車も指定)

しかも、ぷらっとこだまと違って都区内発着なので、新宿→東京のチケットも付いているから値段的にはすごくいいんですが・・・
こんな天気になるなんて予想さえしなかったものなぁ・・・

浜名湖のうなぎ茶漬けがすごく美味しかったです。
あれを食べにもういっかいいってもいいくらいに・・

千葉の特急は一時間おきに出ていたような気がします。
特急で行くなら「千葉市美」+「ホキ」もいいですねぇ・・・

投稿: Cos | 2011.09.05 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/52648923

この記事へのトラックバック一覧です: 秋野不矩美術館:

« 紅板締め | トップページ | 楽器博物館 »