« MOA美術館 | トップページ | アンリ・ル・シダネル・・・メルシャン軽井沢美術館 »

2011.08.15

出発点としての鉄

鉄という材質は何も処理をしなければ、赤錆が発生して、いつの間にかもろく崩れていく。そんな鉄を使って作品作りをしている金沢健一。

201108_001

「鉄板という素材に本質的な美しさを見出し、加工を最小限に留めつつもその特性を最大限に引き出す幾何学的な構成の作品」というのだが、それ以上に鉄の柔らかさがかっちりと形作られた造形の中に見えるような気がする。

そして何よりも鉄板を叩く或いはこすることによって人工大理石の粉で形作られる「振動態」や鉄板を切って創り出す「音のかけら」のほうが有名なのかもしれない。

円形或いは正方形の鉄板の上に載せた人工大理石の白い粉が、鉄板をばちでこすることによって生じる唸りから(たぶん)作られる形は音の出し方、ばちの種類によって変わってくる。
平らな鉄板のように見えても、音を出したときには唸りが生じているのだから、微妙な歪みがあるんだろう。その歪みがきれいな形になって出てくるのはなんだか嬉しい。

お寺の鐘のあの唸りと同じ状態なんだろうと思うけれど・・・

その鉄板の音は「音のかけら」を叩いてみるとよく分かる。
鉄板を叩いて出てくる音は鉄琴のような単純な一つの音ではなく、叩く場所によっても微妙に音が変わる。自分の出した音を確認しながら鉄板を叩く操作はお寺の鐘の音を静かに聞いているのにも似ている。

いつかこの振動態を実際にじっくりと見てみたい。

|

« MOA美術館 | トップページ | アンリ・ル・シダネル・・・メルシャン軽井沢美術館 »

コメント

ゴキブリだなぅ。小江戸川越散歩したかい。まるえつ百貨店あるんだよなあ

投稿: VO | 2011.08.20 00:59

ゴキブリよりはカナブンに似ているかな。鉄の色だし・・・

蔵の街は散歩したけれど、暑くて暑くて・・・通り過ぎるだけで精一杯だったかも。

マルエツはスーパーじゃなくて?
気が付きませんでした。

投稿: Cos | 2011.08.21 00:19

ゴメンまるひろ百貨店や。相原求一郎の展覧会やったんや。西武新宿線で一本川越

投稿: VO | 2011.08.24 00:20

さっさとコメントアップしろ。人がかいてやってるのに失礼や。旅行でもしてんのか、警察に捕まったか。第一系統湾岸分室さんめい

投稿: VO | 2011.08.25 02:54

ちょっと忙しかったんですよ。
どうぞ気長に待ってくださいな。

旅行は行きたいですねぇ・・・今なら金沢とか・・・
お金とひまがないのがネックです。

投稿: Cos | 2011.08.29 07:47

怒ってごめんよ、けど携帯からコメントチェックくらいできるやろ、頭いいんだからさあ。極楽極楽寝るよるくはなかりけり、憂き世の馬鹿は起きて働くってさ

投稿: VO | 2011.08.30 00:18

そういえば、承認制にしてから携帯でのチェックはしなくなっちゃいましたねぇ
心配しなくていいのがとても助かります。

「寝るより楽はなかりけり」・・・・早く寝ようっと。

投稿: Cos | 2011.08.30 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/52476686

この記事へのトラックバック一覧です: 出発点としての鉄:

« MOA美術館 | トップページ | アンリ・ル・シダネル・・・メルシャン軽井沢美術館 »