« 空海と密教美術 | トップページ | 生命の星・地球博物館 »

2011.07.23

写実の美術館・・ホキ美術館

「土気」まず、最寄りの駅名前が読めなかったのがショックだったホキ美術館。
しかも今は電車の乗り継ぎの便が悪くなっているので、思っていた以上に時間がかかってしまった。
駅から2キロほど離れた昭和の森のすぐそば・・・住宅街の中にあったホキ美術館は建物のデザインもとても面白かった。
Img_0503

2010年11月にオープンしたのだが、写実専門の美術館なので、何がなんでも見たい絵というのはなかったけれど、どんなものがあるのかずっと気になっていた美術館がホキ美術館。

ありがたい事にチケットをくださる方がいて喜び勇んで・・・というのにはちょっと遠い・・・駅からも遠いので、なかなか行けずにいた。

というわけであまり暑くない日に頑張って行ってきた。

201107_001
しかも今はちょうど「時をこえて 静物と風景画展」をやっている。どちらもCosの好きな題材なのである。

美術館に入って真っ先に眼に入るのがこのロブスター!
巨大な美味しそうなロブスターが目の前にヌッと出てきたのにはちょっとびっくり。
写実というと一つ間違うと写真に劣るものしか描けなかったりするけれど、写真では決して描き得ないような物が目の前に現れると、「写実もいいなぁ」∥^o^∥

中でも良かったのが五味文彦。
201107_00202
こんな写真で見るとその良さははっきりしないけれど、以前見た上田薫のスーパーリアルと似たようなパンの描き方をしている。
写真では出てこないリアルさ・・・絵画だからこそのリアルさがそこに出ている。
彼の絵を見ただけで長い時間を来てよかったと満足。

もちろん他の絵も悪くはなかったけれど、物によっては写真のようでしかないもの、写真にとっただけのほうがもっといい絵になるんじゃないかと思えるようなものもなかったわけではないけれど、ときどきこうやってキラっと光る絵があるのが嬉しい。

しかも小さな美術館かと思ったらギャラリーが小さなものまで含めて9室もあるし最初の縦にずっと長いギャラりーなどは壁の両側にかかった絵を順に観るだけでもずいぶんと時間がかかってしまう。

後から見たら、最初に見た2階のギャラリー1はこんなところだったのにもびっくり。
Img_0512


10年以上にわたって同じ女性を描き続けていたり、
それぞれの絵をどんな事を考えて描いたのかといった話を音声で聞かせながら絵を鑑賞できたり、
飽きさせない工夫だろうか、とても楽しかった。

ただ、この美術館は駅から遠いのに駐車場が有料なのがとても残念だった。
となりの昭和の森へ行く人に遠慮してもらうためかもしれないけれど。
そして、美術館の中では水も飲めないこと、コーヒーショップがあるからそこを利用しろというのだが、この暑さでそれはないだろうと思う。
(喉の乾いていたCosは美術館の外に出てごくごく飲みましたよ・・・とーぜん)
そしてギャラリーの構造もあるんだろうけれど、声高におしゃべりをしながら見ている人達。
ずっと大きな声で話し続けている・・・・これはとても苦手。

たぶん、もうちょっと近かったらまた行きたいような内容だったけれど、絵以外のところで再訪したい気分に離れなかったのが残念。

でも・・・昭和の森の散策もしたかったんだよなぁ・・・


|

« 空海と密教美術 | トップページ | 生命の星・地球博物館 »

コメント

こんばんは。
あれ、ホキ美術館の最寄り駅って特急がとまるんじゃなかったっけ?
交通そんなに不便ですか?
かなり大きな美術館のようですね、水飲み場もないのですか、というか普通自動販売機あると思うのですがー。
写実はブームですね、月刊美術が写実の特集やったけど諏訪敦さんが好きだな、コレクションにありましたか?

投稿: oki | 2011.07.23 21:44

特急に乗って行くという発想はありませんでした∥^o^∥
家をでた時間がちょっと早めだったので、なるべく楽に行くことばかり考えていました∥^o^∥

水飲み場も自動販売機もなかったです。
自動販売機でもあればそこで飲めたんですけれどね。
駅から歩いて行く(バスは30分か1時間に一本)とそれがきついです。
諏訪敦は亡くなった人の肖像画(?)が印象に残っています。
死ぬということをあらためて考えさせられました。

投稿: Cos | 2011.07.24 23:39

おぉ、行ってきたのですね。

映像や写真で見るかぎりは建物もカッコ良いし期待してましたけど
交通の便がイマイチだし行くのに二の足を踏んじゃってます。
遠いのは仕方ないとしても、利用しづらいあれこれはいずれ
良くなっていくといいですね。

都内近郊には既にたくさんの美術館や博物館、ギャラリーがありますから
よほど行きたいと思う展示をしてくれないと行く機会は
永遠に来なさそうですが。。

投稿: みずき | 2011.07.28 15:47

>みずきさん

Cosもそう思うんですけれどねぇ・・・
この景気の悪いご時世なんで、行っておかないと行く前に潰れちゃうなんていうこともありそうで・・・・
軽井沢メルシャン美術館、11月で閉館なので、それまでに何としてでも行くつもりです。

投稿: Cos | 2011.08.04 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/52280993

この記事へのトラックバック一覧です: 写実の美術館・・ホキ美術館:

« 空海と密教美術 | トップページ | 生命の星・地球博物館 »