« もういちどカレル・ゼマン | トップページ | 写実の美術館・・ホキ美術館 »

2011.07.21

空海と密教美術

2011年7月20日から国立博物館で始まった空海と密教美術展。(9月25日まで)

当初の予定では始まってもすぐに行こうなどという予定はなかったのだが・・・
7月20日は歩みの遅い台風の接近にともなって、一日中風雨が強いという予報。
いつ行っても混んでいる上に今回は国宝重要文化財立98.9%などという東博の企画展を見るのなら台風の時に限る!
というわけで公開早々見に行ってきた。

201107_001

Cosはほとんど人のいないがらがら状態を期待していたのだけれど、実際には昼間はアメの降っていない時間帯も多かったせいか思っていたよりは人がいた。
と言ってものんびり見るのには充分な少なさだったので、じっくりと楽しむことができた。

第一会場にはいると弘法大師像はいいとしても、書がたくさん並んでいたり、絵があってももう古くてよく分からないようなもの(じっくり見ればまた違うんだろうけれど、「みたい」と思わなかった)だったりして一寸拍子抜けしたんだけれど、これは入り口をこまないようにするためのひとつの工夫ではないかとも思った。最初の方にあまり人気が高くなりそうもないものを並べておいて、人をどんどん奥に進ませる工夫・・・かもしれない。

Cosのお目当ては仏像。どの仏像も一段或いは2,3段高いところにあるから遠くからでもはっきり見える。
今回はすぐそばでじっくり見ていても大丈夫な程度の混雑だったから、位置が高いような気がしたけれど、混んできたらこれが大事なんだろうな。

京都東寺の平安時代の女神坐像。おそらく平安時代の髪型なんだろうけれど、他ではあまりみないヘアスタイル。平安時代のまったりとした雰囲気(があったのかどうか知らないけれど)そのままの表情の優しさがなんとも心地よい。
こちらから「わーわー」とまくしたてても、のんびりと話に耳を傾けてくれそうな感じ。

201107_002
ここにある如意輪観音菩薩坐像は醍醐寺の青竜宮に安置されていたのだが、これもまたゆったりとリラックスした雰囲気。
でもここではどこかものうい雰囲気があって何かを話しかけるというよりは、一緒にリラックスして時を過ごす感じ。

今回はこの仏像の展示がとてもいい。
混んだ時にも見やすいだろうというだけではなく、LEDの明かりが上からとしたからと照らし出している。
仏像によっては(ほとんどそうじゃないかと思うけれど)上からの明かりは少し黄色味がある電球色に近い色で、したからの光はLEDの白い光。
その光が光輪(でよかったかな?)に当たって壁に出来る影がなんとも見事だったりした阿弥陀如来および両脇侍像。これも平安時代だなぁ・・・

そして極めつけはスロープを登りながら入っていく仏像曼荼羅。
(東寺のものは東寺講堂立体曼荼羅から見ることができる)
スロープを上がったところからは広い部屋の中にある8体の仏像を見下ろすことができる。
阿修羅展の時も同じようにスロープがあったけれど、今回はあれより広い感じ。
人も多くなかったので、上から見なければ見えないということはなかったけれど、なんとなく目の高さが良くて後からもう一度登ってみたりもした。

「仏像の中で一番怖い顔をしている」という持国天立像の顔は確かにいかついんだけど、怖いというよりは激しさ、厳しさを感じさせる顔で、Cosは好きだなぁ・・・

そばへ行ってみるとお寺にあるときと違って四方八方から見ることができるし、ライトニングもしっかりしているので多分お寺にあるときよりもよく見えるんじゃないかと思う。ひとつだけ、天井からのライトが微妙に揺れているのがあったけれど、あれはどうしてだろう?
光の加減で表情が変わったりするのならそれはそれで面白いのだけれど、今回は必ずしもそうじゃなかったと思うし・・・・

こうやって記事を書いていると行ったときのことをあれこれ思い出して、じっくり見てこなかったことが悔やまれる部分もあったりするので、本当はもう一度ぐらい行きたい(展示替えもあるし)
でも、いつも混んでいて東博の企画をじっくりと見るなんていうのはほとんど不可能。
それが何よりも残念だ。


|

« もういちどカレル・ゼマン | トップページ | 写実の美術館・・ホキ美術館 »

コメント

最近iPhoneから書きやすくなりましたね。
僕も初日に行きましたよ。
いやあ、文系の目だと最澄が空海から、灌頂を受けたとはー。
あと高雄曼荼羅すごかった。
そうですか、Led照明使っていたとは気づかなかった。
阿修羅展越えは難しかったけど、阿弥陀仏の密教での手の結び方とか面白かったです。

投稿: oki | 2011.07.22 22:44

やっぱり、アクセス制限が悪さをしていたんですね。
以前とは違って心配がなくなったのにそのままに放置してしまっていました。ごめんなさい。

>最澄が空海から、灌頂を受けたとはー

あぁ・・・それがそんなに意味の有ることだとは気が付きませんでした(Cosがよくわかってないということですね。)

高雄曼荼羅は・・・えっと・・・絵が良く見えないのだけが印象に残ってしまいました。
ずいぶん長いこと前で見ていたんですけどね・・∥>_<∥

投稿: Cos | 2011.07.24 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/52272260

この記事へのトラックバック一覧です: 空海と密教美術:

« もういちどカレル・ゼマン | トップページ | 写実の美術館・・ホキ美術館 »