« 写実の美術館・・ホキ美術館 | トップページ | レオナール・フジタ展(ポーラ美術館) »

2011.07.27

生命の星・地球博物館

随分前から一度は行ってみたいと思っていた箱根湯本のちょっと手前にある神奈川県立生命の星・地球博物館。
P1070176

箱根ということで「火山」がテーマになっているんだと勝手に思っていたけれど、火山というよりは地球の成り立ちがテーマになっていた。
もちろん県立の施設だから教育という目的もあるので、それ以外の自然科学の分野についても展示はあるけれど、圧倒的に地球内部の話が多かった。

知らない話が出ていたかというと・・・残念ながらCosの知っていることがほとんどだったけれど、ひとつひとつ確認しながら見て歩くのは楽しかった。

まあ、地震の後だから余計に地震との関連に意識が向いていたかもしれない。

子供の頃から好きだった、いろんな石の標本も楽しい。
砂漠のバラと呼ばれる重晶石、まるで細胞のようにも見える球状花崗岩、・・・Cosのお気に入りの「石の花」というお話の中にも出てくる孔雀石、・・・
P1070228P1070230P1070225

どうしてこんな形になるのか、自然の技というのは人間の想像以上のものがある。
こんな面白そうなものを自分で見つけることができたらいいなぁ・・・
「石を磨く」というのも面白そう。

そして、いろいろな化石、今回は
P1070235
このひょうきんな顔のようにも感じられるウミサソリが楽しかった。
このあとの動物のコーナーでは会場に来ていた子どもたちは歓声をあげていたけれど、まあ、これはどこにでもあるから・・・・

「神奈川」ならではの展示が丹沢の変化。
海の中で作られた丹沢の山が本州にぶつかって、丹沢山地になったのだという。
P1070309その両側に相模トラフと駿河トラフという深い海がある。
まあ、これが地震につながるのだろうし、100万年もすれば、もっと本州の奥まで行って伊豆半島が半島じゃなくなるなんていうこともあるのだという。
そしてこの丹沢を境にして、植物の植生も違っていたりするのだそうだ。
そのへんの話がもっと掘り下げてあるとCosにはもっと面白かっただろうな。

P1070337

1階を上から見たところ。
恐竜や動物のコーナーは通り一遍の教育用のもの・・・という感じがしたけれど、地学分野の内容はとても面白かった。
もう少し「神奈川」あるいは「火山」に特化したものが多くても良かったとは思うけれど、とても楽しくてつい長いをしてしまった∥^o^∥


|

« 写実の美術館・・ホキ美術館 | トップページ | レオナール・フジタ展(ポーラ美術館) »

コメント

Cosさんの箱根シリーズ始まりかな。
箱根では宿泊されたの?
地球博物館ですか、科学博物館のミニ版かな。
ここは撮影していいの?
結局東海地震は起きるの?
なんか都会にいると、大震災があったことも忘れちゃいそうになりますね、まだ避難されてる方も沢山いるのにー

投稿: oki | 2011.07.27 21:11

Cos. さん

行かれたんですね! (あのおおかみ まだいましたか?) 

2つの火山帯が合流する場所ですよね。
地学ファンが爆増、地学ツアーが十二分にPAYし、地学博も人気となり
”..(これまでの)火山国の苦労も無駄でない!” って早くなるといいなあ..

投稿: 草 | 2011.07.29 15:10

>okiさん、
お返事が遅くなってしまいました。
箱根には一泊で友達と行ってきました。
初日はポーラに行ってきました。
さすがポーラだけあって見ごたえもしっかりありました。
結局閉館まで粘ってしまいました∥^o^∥
ありがとうございました。

>草さん

狼は2匹いました。
ニホンオオカミは毛並みもあまり艶がなく、なんだか可哀想な感じがしました。

2つの火山帯の合流する場所・・・今一番危ないところかもしれませんね。

投稿: Cos | 2011.08.04 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/52317961

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の星・地球博物館:

« 写実の美術館・・ホキ美術館 | トップページ | レオナール・フジタ展(ポーラ美術館) »