« PLATFORM---距離を測る---展 | トップページ | 駒井哲郎 第二部 »

2011.06.02

中村正義・顔の世界展

よみうりランドの近の地図に「中村正義の美術館」というのがある。
(カーナビは検索しないと出てこないかも)
一体どんな人だろうと検索をしたら、どうやら日本画家でたくさんの顔を書いた人らしい。

201106_001

P1060395

実際には森の中というよりは隣近所は住宅なのだけれど、こうやって庭を見ると森の中に立っているような感じの中村正義の美術館

元々は彼の住居兼アトリエだったらしい。
個人の住宅にしては広々としたアトリエ(たしか卓球か他の球技でもできる程広いといったようなことを書いてあったのだが・・・)は窓からこの木々が見え、吹き抜けになった天井が高くて気持ちのいい空間になっている。


(駅からは遠いけれど)都心からはそんなに遠くないここで暮らしているのはうらやましい限り。
(手入れが大変だろうことには目をつぶって素直にうらやましがっていた)


P1060396
これは絵ではないけれど、こんなような感じの顔をたくさん書いている。
今回は「中村正義・顔の世界展」ということで「顔・顔・顔」の展示だった。

結核を患い、絵を描くこともままならず、さらに癌に侵されて52歳でなくなった彼の描く顔・・・

どこかペーソスがあるようななかなか面白い顔を描くし、人間ではなく仏様の顔なんかはいい感じだと思ったんだけど、いかんせん、Cosは人物画はすきじゃないのである∥xx;∥☆\(--メ)

二階の・・・多分もとは普通の部屋だったであろう展示室には人の顔ではないものもいくつもあり、そういう方がCosとしては好きだったかもしれない。

国立近代美術館には源平海戦絵巻があるそうなので、チャンスがあったら見てみたい。


|

« PLATFORM---距離を測る---展 | トップページ | 駒井哲郎 第二部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/51838251

この記事へのトラックバック一覧です: 中村正義・顔の世界展:

« PLATFORM---距離を測る---展 | トップページ | 駒井哲郎 第二部 »