« 日本のボタニカルアート | トップページ | 美在掌中 »

2011.06.26

カレル・ゼマン展

チェコのアニメーションといえば、条件反射のように「イジー・トルンカ」とか「ヤン・シュヴァンクマイエル」の名前が出てくるけれど、カレル・ゼマン展には「もうひとりの」と付いているので、どんなものなのか見に行きたかった。

201106_001

渋谷の松涛美術館で2011年7月24日まで。

「見たかった」のはもちろんアニメーション。
展示室ではいくつかのアニメーションとメイキングがあるけれど、やっぱり折角のチャンスだから長編を見てみたいと思っていた。

さすがに長編は一日に二本しかやらないので、時間を合わせていくことになるのはちょっと面倒。

会場についたらまだ時間があったので、展示室のぬいぐるみのアニメーション「クリスマスの夢」をみる。
これは人形を使ったアニメーションと実写を切り替えている作品。
邪険にされる人形が普段使うような可愛さとは違うけれど、何処か健気で可愛い。
クリスマスにもっときれいな素敵な人形をもらった少女が、この味のある可愛さはあるけれど、決して素敵ではない今までの人形を「ぽいっ」とほうりだす。
そこで、人形は自分をアピールしようとあれやこれやとやってみせるのだが・・・

人形の良さを満喫させてくれる作品。
白黒だし、CGを使ったものと違って洗練されているという感じはしないけれど、暖かくてほのぼのする。

「プロコウク氏 映画製作の巻」も人形劇と思ってみていると映画館の劇中劇になったりして楽しい。

この日Cosが見たのは長編の特撮映画、「悪魔の発明」
特撮と言っても絵と実写やアニメーションを組み合わせて作ってあるのだから今の映画からみれば技術的には子供だましなんだろうと思うけれど、それはそれでとても面白かった。

ただ・・・・映写しているのが二階ののロビー。
それだけなら特に問題はないけれど、クッションこそ悪くないものの、長時間座っていると結構辛いソファか丸椅子しかおいてないのだ。
最初見始めたときには観客が10人ぐらいいたと思うのだが、終わってみたらその場に残っていたのは3人だけ。
最期まで見ていたCosもすっかり疲れてしまった。
面白い映画だけにちょっと残念だった。

長編はもう一本残っているんだけど、・・・見たいけれど疲れそうだなぁ・・・

|

« 日本のボタニカルアート | トップページ | 美在掌中 »

コメント

シュヴァンクマイエルといえば、昨日発売の21printsで特集されてましたね、ラフォーレ原宿に来ますね。
カレルゼマンですか、名前も知らないけどさすが松濤、300円でみられますね。
予算がないんだから、椅子について文句いわない、笑。
Cosさんはご覧になるのにどのくらい時間かかりました?

投稿: oki | 2011.06.26 21:02

シュヴァンクマイエルは観に行きたいです。
この前、YoutubeでAliceを見ました。何を行っているのかは分からなかったのですが、さすがにストーリーはよく知っているので、楽しかったです。

椅子は・・・・1時間半は辛いです。

Cosはもう一本の長編を見に(或いは疲れる椅子に座りに)もう一度行くつもりなのですので、ちゃんとは見てきませんでした(疲れちゃったし)が、映画1時間半、その他で1時間弱というところです。まだ見てないショートアニメ(というよりもメイキングらしいけれど)もありますので、今度言ったらそこからスタートです∥^o^∥

投稿: Cos | 2011.06.27 07:39

行ってきましたよ!
長編やっているのはロビーというか階段上がったところですね。
ロビーではゼマンと子供たち、なんてやってましたね
あそこはもともとラウンジで喫茶やっていたから、ラウンジで映画上映して喫茶サービスやれば最高なんだけどー。
恐竜がでてくる映画みたいな、Cosさんはいかが?

投稿: oki | 2011.06.30 21:18

あ、あそこがロビーなんですね。
階段の上のところよりはずっと居心地が良さそうでした。
喫茶サービスいいですねぇ・・・
のんびりと映画が見られたら最高なんだけどなぁ・・・
恐竜の出てくる映画?
Cosは途中で長編を見たら疲れちゃったのでまだちゃんと見終わってないんです。
また今度行ったら見てきます。

投稿: Cos | 2011.07.01 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/52043395

この記事へのトラックバック一覧です: カレル・ゼマン展:

« 日本のボタニカルアート | トップページ | 美在掌中 »