« だらだらと | トップページ | 海底彫刻 »

2011.06.14

ブラックホールの巨大化

宇宙ができたとき、チリとチリとがぶつかって一つになり、それが大きな雲になり、次第に星の形を作っていく。
Cosなんかの理解の範囲を越える大きさのこの宇宙もとても見ることのできないような小ささのちりがそのスタート地点。

そして、巨大な恒星の最後がブラックホールだと言われている。
(もちろんブラックホールにならない恒星もたくさんあると考えられている)
外部との境界にあたる事象の地平面はなんとなく、この世とこの世でないところへの境目・・・
そしてその向こうにはブラックホールの中心とも言える特異点が控えている。
(特別な条件下では数学の特異点とも一致するのかなぁ??)

そしてそのブラックホールが全てを飲み込んで合体して・・・・宇宙はひとつのブラックホールになって振り出しに戻る。
子供の頃からそう信じているけれど、本当にブラックホールが合体できるのかどうかは分からないと(いうことは)知っていた。

が、


リンク: ブラックホール:銀河の中心で合体、巨大化 - 毎日jp(毎日新聞).

星とブラックホールやブラックホール同士の間にはたらく引力を高速で計算できるコンピューター「宇宙シミュレータ」を使い、10億年間で銀河の構造がどう変わるかを調べた。

 その結果、ブラックホールは初めは運動エネルギーが豊富なため銀河の中を動き回っているが、周りの星やブラックホールと引き合うことで次第にエネルギーを失い、中心に集まってくる。このうち一部は他のブラックホールからエネルギーを得て再び動き始めるが、奪われた側は次々に合体し、3億年後には10個のブラックホールのうち6個がひとかたまりになった。

あぁ・・・いずれ宇宙はひとつのブラックホールになるのかもしれない。
と改めて思った。
残念ながらその日を見ることはどんな意味でもありえないけれど。

|

« だらだらと | トップページ | 海底彫刻 »

コメント

こんばんは。
今の学校で地学選択する高校生ってどれくらいだろう?
G大学附属では文系の選択、生物3,地学1だった。
ブラックホールがあればホワイトホールもあるとならいました。
しかも宇宙は膨脹の速度を速めながら拡大しているとかー。
そのうち縮小に向かうのか、拡大しすぎて破裂するのか?
いやいや考えるだけで面白いなあ

投稿: oki | 2011.06.16 22:22

今は地学を高校で勉強する生徒がほとんどいないから難しいですね。

おそらくトップ校あたりでは地学の授業もあるだろうし、センター狙いの地学の授業もあるだろうけれど、地学の教員がいるところは少ないです。

そういえば最近はホワイトホールの話を聞きませんね。
どうなってるのかなぁ

投稿: Cos | 2011.06.17 00:36

ちなみにG大学附属は、当時地学の専任は一人しかいなくて、開成の教師を非常勤講師にしていました。
そのうち地球物理学を専門にした人を採用して、その人が物理と地学両方教えるように成りましたが、G大学附属では珍しいことなんです。たいてい実績がないと大学でたては断わられる。
もっともその優秀な人も非常勤がいた開成に移ってしまわれましたね。
Cosさんのいらした高校はわかりませんが、G大学附属あたりになると理科なら物理の人は物理だけ担当、社会なら世界史の人は世界中だけ担当するんですよね。
しかし地学と一口に言っても地球についてと宇宙についてがあるから幅広いですね。

投稿: oki | 2011.06.18 23:00

やっぱりどこでも地学には力を入れていなかったんでしょうね。
地学の教員自体いないところも多いですから。

逆に高校では社会や理科の教員は自分の専門を教えています。
中学はそういう区別がないけれど、それでも一応一分野と二分野に教員を分けているところが多いんじゃないかな。

投稿: Cos | 2011.06.20 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/51946304

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックホールの巨大化:

« だらだらと | トップページ | 海底彫刻 »