« 駒井哲郎 第二部 | トップページ | 山梨県立美術館 »

2011.06.05

山梨へ(釈迦堂遺跡博物館)

いくら高速が1000円だからといっても、Cosの運転技術と体力ではそう遠くにはいけない。
金沢とか、青森とか、四国とかに行きたいけれど、それだとやはり一泊でないと無理なので「気楽にふらっと」からは程遠い(し、家族がOKしないだろうな)

高速休日1000円、19日まで…国交省方針 : ニュース : @CARS : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 国土交通省は31日、高速道路の「土日・祝日の上限1000円」の料金割引制度を6月19日(20日午前0時)で中止する方針を固めた。

 地方を中心に行ってきた高速道路の無料化実験も19日にやめる。

なんていうニュースを見たら、1000円の間に行こうと思っていた山梨がまだだったことを思い出してしまった。

けさ起きたら、真っ青な空。
「ドライブ日和だから混むだろうなぁ」と思ったものの、山梨なら近いからと他の予定を放り出していくことにした。

案の定、途中までは渋滞していて混んでいる。Cosの同じように考える人がどれほど多いか、よくわかる∥^o^∥

今日は中央高速。
じつなこの中央高速の下りのPAで気になるところがあったのだ。
「釈迦堂PA」
このPAの上のところに博物館があって、そこの駐車場には夜景を見に行ったことがあるのだ。
その時に「中央高速のPAから来ることができます」と言われていたのを思い出したのだ。
今日は道が混んで予定よりもかなり遅くなったのだが・・・・
というわけで、今日の休憩は釈迦堂PA。
一番入口に近いあたりから裏につづく階段があって、それをせっせと登ると釈迦堂遺跡博物館。
Img_0474
登り切ったあたりから下を見下ろすとこんな感じ。
中央高速の向こうには笛吹市が広がっている。
夜には夜景が綺麗なんだけれど・・・・見るわけには行かないのだ。

山梨には・・・甲府盆地にはたくさんの遺跡がある
縄文の昔から暮らしやすいところだったのだろう。
釈迦堂遺跡博物館は中央高速を作る際に行った発掘調査で出てきた者を展示してある(らしい)。
特に土偶は1116個も出土していて、これは全国でも類を見ない多さらしい。

その土偶はそれぞれにバラバラにされた形で出土している。
それも一箇所ではなく何箇所かに分かれて出土しているのだと。

2011061_002002

パンフレットで見るとこんな感じ。
たくさんの顔が並んでいる。
縄文の人たちは何を思って作り、何を思って打ち砕きもって帰ったんだろう?
一つ一つの土偶の顔を見ていると、あっという間に時間がたってしまう・・

|

« 駒井哲郎 第二部 | トップページ | 山梨県立美術館 »

コメント

三鷹のウチは「既知の遺跡所在地」なので、家を建て替えたときには試掘調査が義務となっているのですが、10年前に出てきたのが縄文期の石の遺跡(遺物というのか?)。別に珍しいものではないので、建築は進みましたが。その石は山梨の方からきたものなのだそうです。交流があったんですね、その頃から。

投稿: ガーター亭亭主 | 2011.06.05 10:50

Cosさんこんにちは。
相変わらずあちこち行かれてますねぇ。
Cosさんの移動手段は自動車なんですね、僕は鉄道、今も小田急電鉄で書いています。
というわけで母の遺産で東急の株買うことを思案中。
株主優待で文化村無料とか鉄道サービスとかを目論んでおります、笑。
Cosさんのところは遺産整理できましたか?
一息ついたらお会いしましょう、またその時は連絡差し上げます。

投稿: oki | 2011.06.05 17:56

>ガーター亭亭主さん
発掘調査が必要なところに住むとそれはそれで結構大変と聞いたことがあります。
とんでもないものが出てきたらとんでもないことになると。

(三鷹ではないけれど)Cosのうちからだと100キロもないんだから、歩いて行っても2,3日だから縄文時代でも交流ができる範囲内でしょうね。
どこを通って行ったのかなぁ??

>okiさん、
都心の美術館は電車で行きますし、千葉の美術館も電車が多いですけれど、高速道路が1000円と聞いたら、頑張って車で行きます∥^o^∥
(運転はすきじゃないんですが・・・)

東急で「文化村」・・・絶対に小田急や京王よりいいなぁ・・・
相続はうちの方はまだしばらくかかりそうですがだいぶ楽になってきました。

投稿: Cos | 2011.06.06 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/51856094

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨へ(釈迦堂遺跡博物館):

« 駒井哲郎 第二部 | トップページ | 山梨県立美術館 »