« 子どもの命を守ろう | トップページ | 椿書院 田窪恭治展 »

2011.05.01

五百羅漢展

そもそもCosは「羅漢」という言葉は聞いたことがあってもそれが何なのか知らなかったし、いずれ見に行くかもしれないけれど、そんなに慌てていくことはないと思っていた
東京江戸博物館の五百羅漢展
2011.7.3まで
201105_001

本当は今日も他のところへ行こうと思っていたのだが、周囲の人達が「いいよ~」「いずれ混むから早めにいかないと」などと言っているのを聞いて急遽予定を変更して見に行ってきた。
(後の理由のほうがCosにとっては問題だったのだが)

確かに行ってみて面白かった。
江戸時代のスーパーヒーロー500人の羅漢たちの活躍絵物語なのである。

何度となく行っているような気がするけれど、Cosは人物画が好きじゃないからこれを描いた狩野一信という人の力量はよく分からない。
だいたい、日本画の力量なんてさっぱりわからないのだ。単に若冲の自然描写がすごいとは思っているだけでそれ以上は誰がうまいも下手もないのだ。

この一信という人もうまいらしい。
確かに一枚一枚の絵を見ているとそこから人物たちがうごきだして、ひとつの話を創りだしてくるから見ているだけで面白い。

最初の方にあった第15幅第16幅の「論議」なんて、一生懸命に発言している羅漢もいれば、ふむふむと話を聞いていたり隣の人とおしゃべりしている羅漢も居る。一生懸命にノートをとっている従者(?)もいれば、サボっておもしろがっているのも居る。
この2枚を見ているだけでもそうそう飽きない。
絵を見ながらああでもない、こうでもないと考えていたりする。
その上、解説には「さながら朝まで生テレビ顔負け」とか何とか書いてあるのだ。
その解説を読みながら見ていると笑いがこみ上げてきたりもする。

第19幅第20幅の伏外道なんて、異教徒を無理やり改宗させちゃう話なのだ。
異教徒は首から髑髏のネックレスをかけていて・・・第19幅でそれを外して、
第20幅では自分たちの持ってきた経典か何かを燃やしちゃうのである。

それでもまだ最初のうちはあんまり荒唐無稽じゃないんだけど、「地獄」が出てきたあたりからおかしくなってくる。
201105_003_23
宝珠からのビーム発射!
が、まだここではあんまりビームが強くないらしく氷地獄に落ちた人達を救うことができないのだ。
羅漢ともあろうものが・・・。

ところがだんだん神通力が強っくなって・・・ビームも強力になるし
201105_004
ここではお腹の中をひらいてその中に居る菩薩(だったかな?)をサルたちに見せているのである。

あるいは顔をはがすとその中から菩薩の顔が出てくるなんていう二十面相並みの絵もあったり、人間を助けることもできなかったビームも悪鬼や羅刹をあっさりと倒せるようになったりもするのである。

こうなってくると正に「スーパーヒーロー」・・・
100幅も考えているうちにだんだんエスカレートしてきたのかもしれない。

がさすがに100枚は体力が続かなかったのか最後の数枚は一信ではなくお弟子さんたちが描いたものということでやっぱり器が小さくて面白みがない。

この五百羅漢、芝の増上寺で明治、大正時代には羅漢堂があって年に数枚ずつ展示されたこともあったらしいけれど、そこが空襲で焼けてからはひっそりとお蔵入りをしていたという。
一度に数枚ずつならのんびりとストーリーを考えながら見るのも楽しそうだ。

100枚となると・・・う~ん、自分が見た絵をきちんと覚えてないなぁ・・・

でも巨大な成田山新勝寺の釈迦文殊四天王十大弟子図はサイズが大きいだけじゃなく、光の当て方一つで見え方が変わってくる不思議な絵だった。これも一見の価値があるなぁ

|

« 子どもの命を守ろう | トップページ | 椿書院 田窪恭治展 »

コメント

五百羅漢て、ずっと「いおらかん」て読むんだと思ってました。
何かの歴史書にあった、「五百」を「いお」というのを記憶していたのだ。

で、婚約時代、彼女(いまの奥さんね)と目黒の五百羅漢寺に行った時、得意気に「いおらかん」と説明していたら、「ごひゃくらかん」と読み仮名が振ってあって恥かきました。
だからこれは僕にとって禁句。(~_~;;

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.05.01 06:40

ん?どこにもフリガナがないから「いおらかん」でもイイんじゃない∥xx;∥☆\(--メ)

でもなんかいい名前。

投稿: Cos | 2011.05.01 09:39

何か具合悪いので寝ながらiPhoneで。
Cosさんも疲れ出ませんか?
江戸博と現代美術館はしごされたようだけどー。
五百羅漢、記事読むと気になりますね。
実はトーハクの常設にも五百羅漢一部でているんですよ。
象を洗う場面とかー。
写楽も会期短いですからお早めに!
Cosさんは江戸博とかの常設展は御覧になっているの?

投稿: oki | 2011.05.03 22:08

お疲れなんですね。
どうぞ休めるときに休んでくださいm∥_ _∥m

Cosもちょっと前には疲れが出ていて体力がなくなっていたのですが、ちょっと元気を取り戻したみたいです。

江戸博+現美は江戸博の常設がお休みだったからできたのかもしれないし、現美の展示がそんなにじっくり観るようなものではなかったから観やすかったということもあるかもしれません。
(ついでに深川江戸資料館も15分ほどで覗いてきたし)

写楽は・・・連休中は混みそうだから連休明けに行こうかと思っているんだけどどうかなぁ・・・
東博→閉館前1時間が勝負みたいな感じの混雑なんでしょうね。

投稿: Cos | 2011.05.04 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/51538608

この記事へのトラックバック一覧です: 五百羅漢展:

« 子どもの命を守ろう | トップページ | 椿書院 田窪恭治展 »