« 東京大仏 | トップページ | 芸術は爆発だ---岡本太郎展 »

2011.04.21

地理学者--フェルメール

ふと目を上げた地理学者、彼の目には何が写ったんだろう?
もしかしたら、それは彼に大きな発見をもたらしたのかもしれない。
もしかしたら、それは彼の一瞬の気の迷いだったのかもしれない。
もしかしたら、それは彼が密かに思いを寄せている人だったのかもしれない。
もしかしたら、それは彼を捕らえたひとすじの陽の光だったのかもしれない。

観る人に「なぜ?」と思わせる地理学者の表情・・・
201103_001

Bunkamura「フェルメール 地理学者とオランダ・フランドル絵画展」(2011.5.22まで)
いろいろな解釈の出来る絵は楽しい。
じっと見ながらいろんなコトを考えて・・・幸いにも余り混んでなかったので、じっくりと見てくることができて\∥^O^∥/

フェルメールが本当に好きな人は絵の中の一つ一つの部品にまで行き届くんだろうけれど、残念ながらCosはそこまでじゃないから、同じ絵を見ていても見方が浅いんだろうな。

Cosには地理学者が一生懸命仕事をしているのに何かにふっと気を取られた一瞬を捉えている、その時間の切り取り方に一番感銘を受けてきた。

フェルメールだけじゃなく、オランダ・フランドルの絵画もなかなか面白かった。
オランダではお金を持った商人たちもが絵を購入するだけの財力があったからか、肖像画でない絵が多くある。
201103_005
こんな花の絵や風景画、特に海景画がとても面白かった。

どっちももう一度見に行きたいなぁ・・・


|

« 東京大仏 | トップページ | 芸術は爆発だ---岡本太郎展 »

コメント

絵なんてさぁ、こう見なくちゃいけないなんてないから楽しいのさぁ~。見たときの思い出とか、ダレとみたかとか、何回みても気づかない細部もあるけど、球に図録の解説読んで次に見たときは違う印象だったり。。あーだからやめられないのよ、きっと。フランクフルトと東京では印象違ったもん。

投稿: コトリのぴかちゃん  | 2011.04.22 00:30

うん。そうだね。
きっともう一度見たらまた違った感想を持つんだろうし。
それはそれで楽しみだな。

投稿: Cos | 2011.04.22 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/51455298

この記事へのトラックバック一覧です: 地理学者--フェルメール:

« 東京大仏 | トップページ | 芸術は爆発だ---岡本太郎展 »