« 名前がわるいな | トップページ | 写真とボク 植田正治写真展 »

2011.01.24

合言葉はプーシキン

あっちこっちで見かけたという話をきく、特大のジャンヌ・サマリーの肖像のポスター。
せっせと探してみたんだけどなかなか見つからない・・_| ̄|●
横浜美術館で4月に開催される「プーシキン美術館展」の巨大ポスターなのだ。

まぁ、Cosの場合は通勤が車だから余計見つからないのかもしれないけれど、電車に乗って出かけるときにも気を付けていたのに・・・・

と、ある日気がついた。
CosがほとんどJRに乗らないことに。

というわけで最初に見かけたのが、たぶん市ヶ谷。
ただし、Cosは快速に乗っていたのでどれだったのかもわからないまま「あったぁーー」状態。
おそらくメトロとか都内の私鉄とかにはないんだろうなぁ・・・
どうやらJRを中心においてあるんじゃないかなぁ・・

今日、埼玉まで行く時にはあっちこっちの駅で見かけたのだ。

P1050412

新宿駅の埼京線ホームで見つけたのがこれ。
3m×8mという特大のもの。
写真で見るとインパクトはたいしたことがないけれど、この大きさは、となりのポスターの倍の大きさ。
他の通りすぎるいくつも見たけれど、

P1050414

これが北浦和の駅。

何故か新宿駅で見るよりもルノアールらしいほんわかした雰囲気を感じたは人があまりいなかったからかなぁ。

Am

電車の窓から見た他のところでは、この文字だけのものと組み合わせて2枚あったところもあったけれど、それはそれで、文字だけのポスターにとてもインパクトがあった。
この大きさで文字だけというのはかなりのもの。

それにしても、このピンク、どう見てもコスモスピンクだよなぁ・・・
ジャンヌのほんわかした雰囲気が色にまで出ているようだ。
この雰囲気が展示にあるなら癒しの空間だなぁ
いいなぁ\∥^O^∥/


プーシキン美術館、Wikipediaによれば

プーシキン美術館 - Wikipedia.

プーシキン美術館(正式名称:国立アレクサンドル・プーシキン名称美術館、Музей изобразительных искусств им. А.С. Пушкина, Pushkin State Museum of Fine Arts)は、ロシア、モスクワにある美術館。モスクワの救世主ハリストス大聖堂の北、ヴォルホンカ通りをはさんだ場所にあり、ヨーロッパ最大の美術館であり、収蔵品の数は約10万点でエルミタージュ美術館に次ぐ世界2位。

ヨーロッパ最大の美術館にふさわしい最大サイズのポスターというところだろうか。

Bm

こうやって貼ってみると色もこすもすにあってるなぁ・・・
合言葉は・・・


|

« 名前がわるいな | トップページ | 写真とボク 植田正治写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/50670729

この記事へのトラックバック一覧です: 合言葉はプーシキン:

» ルノアール「ジャンヌ・サマリーの肖像」を探せ! [弐代目・青い日記帳 ]
2011年4月2日(土)から6月26日(日)まで、「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」が横浜美術館にて開催されます。以前書いた紹介記事。 展覧会 公式サイト:http://www.asahi.com/pushkin2011/ 1月1日より、首都圏の主要駅約100駅でこの展覧会の「広報大使」として大活躍しているのが初来日を果たすジャンヌ・サマリーそのひと。 ピエール=オーギュスト・ルノワール 《ジャンヌ・サマリーの肖像》 1877年 油彩、カンヴァス 56×47cm ... [続きを読む]

受信: 2011.01.25 21:30

« 名前がわるいな | トップページ | 写真とボク 植田正治写真展 »