« 写真とボク 植田正治写真展 | トップページ | 日本画の前衛 »

2011.01.27

Domani 海外で研修をして・・・

Domani・明日展は文化庁によって海外に派遣された人たちの作品。
スポンサーが文化庁という共通点だけの人たちだから、それぞれの作品はまるっきり違う分野だったりするのが面白い。
201101domani_001

今回いいなと思ったのはこの魚が泳いでいる神戸智行さんの日本画。
これは一枚をかけてあるのではなく、大きな部屋の壁にまとめて何枚ものパネルをつなげてひとつの絵にしている。
魚はそんなに大きくないから、余計画面の大きさが目立つ。
それがなんとも清々しい空間をつくっている。

これは絵だけではなく、ひとつの空間としていい空間になっている感じかな。

いいかどうかよく分からないのに惹かれるのがサボテンの写真。
これがいいという人もいたけれど、Cosにはなにか一つ足りないような気がしてならない。
本当は何らかの想いがあってその想いを写真に託しているのかもしれないけれど、現時点では「サボテンの写真」をとってみました、という印象。

201101domani_002


写真なら赤崎みまの黒い背景に輝いているものを映し出している写真がとても良かった。
変な言い方だけど、黒のメゾチントのカラー版という感じもする。
真っ暗中に浮かび上がる色はそれだけで不思議を持っている。

この作品はもっと落ち着いた場所であまり明るくせずにじっくりと見たいものだ。

そして、もう一人、遠山香苗の宝石のようにも、キャンディのようにも見える・・・刷毛めを残したような四角いいろいろな色。
これはさっきの赤崎みまとは色の使い方や物の捉え方が逆という感じがして面白い。

ここに出てきた人たちの、渡航前の作品については知らないから、海外へ行くことで作品が道変わったのかはわからない。
でもきっと今まで暮らしてきた環境から離れた環境に身を置くことで新しい見方を身につけて帰ってきたんだろうなぁ・・・・
うらやましいな。

|

« 写真とボク 植田正治写真展 | トップページ | 日本画の前衛 »

コメント

アタチのご親友はこれで行ってたのら。。

投稿: コトリのぴかちゃん  | 2011.02.01 01:51

たしかにそれだけの力量のある方ですね。
うらやましい限りです。
やっぱり行って帰ってくると一回り大きくなって深みが増すのかな?

近代美術館のワークショップのビデオでちょっとだけお話を聞いてきました。

投稿: Cos | 2011.02.01 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/50697259

この記事へのトラックバック一覧です: Domani 海外で研修をして・・・:

« 写真とボク 植田正治写真展 | トップページ | 日本画の前衛 »