« ゴッホ展 | トップページ | 二つの円 »

2010.11.07

ズービン・メータ指揮イスラエルフィル

つい先日バレエを見てきたばかりなのだが,今日はまたコンサートを聞いてきた.
値段も高いし,ストラビンスキーの春の祭典はバレエの時にも聞いたのでどうしようかとちょっと躊躇したのだが,音楽は音楽できっちり聞きたかったので,ちょっともったいなかったけれど,チケットをお願いした.

20101106_001


結果から言うと,行ってよかった.
去年なんども聞いた東京フィルとは音からして違うのだ.
一つ一つの楽器の音,特に管楽器の音がずっと豊かな感じがする.
色々なテーマを奏でるオーボエはひとりの人がソロを吹いているのに,同じ学期から出ている音とは思えないほどに表情豊かだし,フルートの音は今まで聞いてきたものよりもずっと丸い.
ティンパニはカッコいいし・・・

がそれ以上にすごいと思ったのはピアニッシモの演奏.
音は確かに小さいのかもしれないけれど,しっかりと響いていて一つひとつの音が細いけれど明瞭に響いている.
ピアニッシモだから当然音は小さいのだろうけれど,「小さい音」という感じはしない.
どうやったらこんなふうに音が出せるんだろう???

曲自体も、つい先日のバレエと同じ曲なのに、「どこが」ということはうまく説明できないのだが,その表情がすごく豊かな感じがする。

そしてマーラーの巨人。これがCosのお目当てだったんだけど,とてもたのしくて,揺れ動いている心を音で表現しているかのような感じ.
よく聞くと何を考えているのかが見えてきそう.

やはりいいものはいいなぁ・・・
もう聞くチャンスはないかもしれないけれど,こんな演奏もあるんだということを知っただけでもとてもしあわせ.

|

« ゴッホ展 | トップページ | 二つの円 »

コメント

うん、だから、楽団の質って大切なんだと思うし、指揮者の力量も問われる。でもそれぞれが際立っているだけではなく、双方の呼吸と音楽の解釈が一致して初めて「総合力」がでるんだなぁ。。
フシギだけど、本当に同じ譜面でも全く違う音楽を聴いているような感じになるのよね。
まっつ、勿論普段から指揮している方に、客員指揮者でやるよりは分があることは間違いないとは思うけど。
メータはNYよりこちら(IPO)の方が良いのではないかなぁ。。(CD買ってないから比較できないし、なんとなくだけど)

投稿: コトリのぴかちゃん  | 2010.11.07 02:38

楽団の質,指揮者の力量、どっちも大切なんだろうな。
どちらもがどれほどよくても、さらにうまく呼吸があうことも必要だろうし・・・

(先日のバレエの時に)同じ曲を同じメンバーで同じ(ような)時にひいていても、やっぱり弾き方が違うんだなぁなんていうことも(当たり前といえばあたりまえだけど聴き比べる経験なんて初めてだから)理解できたような気がする.

投稿: Cos | 2010.11.07 20:16

おお、Cosさん、メータなんて素晴らしいの聴かれてますね。
イスラエルフィルはかなり上質なオーケストラと伺っています。
そしてメータはマーラーの一番と二番が大好きですよね、三回くらい録音しているんじゃないですか、良く席取れましたね。
余談ながら、中学校高校時代の同級生が今ニューヨークフィルで活躍してます、北朝鮮へ演奏旅行に行ったんですよね。

投稿: oki | 2010.11.08 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/49956794

この記事へのトラックバック一覧です: ズービン・メータ指揮イスラエルフィル:

« ゴッホ展 | トップページ | 二つの円 »