« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.10

救いのほとけ

瀬戸内から帰ってきたらさすがに忙しくて(まだ忙しいけど明日あさっては休みだからまあいいか・・・)なかなか書けずにいたのだけれど、やっと今日の午後少しだけ時間を見つけて、行ってきた
「救いのほとけ」2010年10月9日~11月23日
町田市立国際版画美術館
201010_001

何しろここは初日はただなのである.
喜んでいいのかどうか分からないけれど,初日だと言ってもそんなに混んでいるわけでもなく,のんびりと鑑賞することが出来るのが嬉しい.

仏像と版画?
正直なところ版画美術館で「仏像」というのはピンと来なかった.
仏教美術なんて殆ど知らないけれど,このチラシにあった仏像を見たくなって疑問には思いながらも行ってきた.

仏像の内部にはいろいろなものが収められている.
そのひとつに印仏、摺仏がある。
印仏は要するにスタンプ.
ぺたぺたとスタンプを押して仏像の中に入れるのだ.
「あなたの名前をかいて仏様の中に入れますよ」というセールストークで寄付を集めるわけだ。
201010_0024

これなんかは心ゆくまでぺたぺた押した感じ。
もっと大きい九重守というのもあって,いろいろなものが描かれていてみているだけで楽しかったりする.

いろいろな観音のヴァリエーションを描いた版画セット観音大士五十三現象もいろいろに描かれた観音が何枚もあって面白かったけれど、一枚一枚の絵にはどういう観音を描いているのかの説明がなかったのがちょっと残念.

救われたいという昔の人達の思いの詰まった印仏、見ているとどこかほのぼのしてくる.
土砂降りの雨の中だったけれど,瀬戸内では味わえなかったゆったりとしたひとときを楽しんできた.

01gomi01

10月9日から多摩の美術館ではこんなことを始めていた.
多摩にある12の美術館のシールを集めてくれば、チケットホルダーや福袋がもらえるというのだ.
2ヶ月ちょっとしかないからどこまで出来るかわからないけれどやってみようかな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010.10.04

パオにお泊り

今夜は直島のツツジ荘のパオにお泊り。
モンゴルの遊牧民が止まるテントのようなところに泊まるのだ。

外の風の音はビュー日ゅーとテントを鳴らし、海の音がまるで雨が降っているかのように錯覚させる。

LANが通っていないし、電波の状態も今ひとつなので、今夜は写真はなし。
東京に帰ったらいくつかアップするかもしれないけれど・・・

今日は豊島犬島と豊島。犬島へ確実に行くために朝7時から、ずっと並んで整理券をもらい、さらに豊島でまた犬島行きの船の整理券をもらい。。。Cosにしては珍しく行列に耐える一日になってしまった。

が、そのおかげで同じところに行く方達と一緒に行列したのですっかり仲良くなってしまった。
行くところが同じというのは好みが似ているということだからやっぱり話していて楽しかったのだ。
玉にはこういう行列もいいなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.03

瀬戸内芸術祭第1日目

今年の夏休みはなんだかんだで忙しくて結局どこにも行けなかったし,9月になってもほとんど余裕がなくて行きたいところにもあまり行けなかったり、行っても時間がなくておおいそぎで見てまわることが多くさびしかったけれど,10月に入って頑張って時間を作って瀬戸内へ。

今回はpcを持って来てないので,写真があまりアップできないけれど,その日の報告。

8253FC08-94EE-49EB-9D3D-D3E9EC69726F

真っ先に行ったのが男木島。

ここには何がなんでも見たいというほどのものはなかったのだけど,やっぱり行ってみればそれなりの楽しい作品も多かった。
ただ残念なことに土砂降りの雨(そのせいで人はすくなかったかもしれない)。傘をさしてレインコートを着て歩き回るのはやっぱりちょっと大変。
しかも、小さい島だから細い路地、坂道が多くて・・・・でもその分そこに住んでいらっしゃる人たちは気さくなか多々だったけれど・・・

今回はiPadを持って来たのでpcは持参しなかった。iPadのアダプタを持ってくれば写真ももう少しその日のうちにアップできるのだけど・・・

二つほどいいなぁと思う作品があったけれど、そのどちらもが、窓から見下ろす海の景色と
結びついている。

一つ目はうちわの骨の家
358A97B4-DEEA-4219-80F1-15C1553D4EB2

組み合わされたうちわの骨がまるでカゴのように内側から家を包み込んでいる感じ。
守られた場所から外を見る心地よさ。

そして、SEA VINE。
二階の畳の上を陶器の波が走り、波の花ではなく陶器の花がその波の上を散っている。
窓からは本当の海が見え、畳の隙間からは本当の草が生え・・・
一つ一つの花や葉の繊細な輝きが大きな波の動きに負けずに光っている。
窓の外の波は瀬戸内の穏やかな波、部屋の中には荒くも激しくもないけれど、華麗に大きくうごく波・・・

楽しかったのがオンバファクトリー。可愛いおんばを使っていた村のおばさんにおお話を聞いて来てしまった。

ファクトリーチームの作ったおんばは可愛いだけではなくて、とても使いやすいとか。
そのあとで、オンバカフェに行っていろいろなおんば(要するに乳母車のこと)を見て来た。
実用的なものよりも楽しいものが多くて、すっかりファンになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.01

タイムドーム

中央区にある聖路加病院近くの中央区タイムドーム。
聖路加に見舞いに通っていたときから気になっていたのだが診察まちの時間を利用して初めて行ってきた。プラネタリウムと郷土史料館が一緒になった施設。
プラネタリウムは残念ながら時間が合わなくて見られなかったけれど史料館はざっと見ることが出来た。
日本の地図の起点である日本橋がある癖に、中央区の歴史はある意味で江戸時代から始まっているというのがおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »