« 心細い認知症 | トップページ | 二つのタイムライン »

2010.06.26

ボストン美術館展

忙しくてなかなか美術展にもいけない日がつづいている。
せっかく回していただいたチケットがあるものは何がなんでも見たいと思うけれど,なかなか時間が取れない。

それでも、都心の美術展には満足できるほどじっくりと観るわけにはいかないものの駆け足でもいいから観に行けるだけましかも知れない。

(千葉市美術館の若冲・・・見に行きたかった・・・明日も出かけるので,とても千葉まで行く時間は作れそうもない・・・)

その中の一つが先週駆け足で見てきたボストン美術館展。

すごくいい絵があったというよりはいろんな人の絵が見られたという印象。
時間がないこともあって,普段のようにメモを取る余裕がなかったので,どれが良かったのか・・目に焼き付いている絵は何枚かあるけれど・・・・
それ以上に「絵」に描かれた豊かさがとても眩しく見えた。

描かれた人々の姿は豊かな時間を感じさせ,描かれた風景は自然の織り成す深みを感じさせる。

当分の間、じっくりと時間をかけることは難しいかもしれないけれど,出来る限り見に行きたいなぁ・・・

|

« 心細い認知症 | トップページ | 二つのタイムライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/48727126

この記事へのトラックバック一覧です: ボストン美術館展:

« 心細い認知症 | トップページ | 二つのタイムライン »