« 逆クレーター | トップページ | 版画に見る印象派 »

2010.03.13

ロッシーニのスターバト・マーテル

2010年3月11日オペラシティコンサートホールで
指揮:アルベルト・ゼッダ
ソプラノ:イアーノ・タマー
メゾソプラノ:松浦 麗
テノール:シー・イージェ
バス:牧野 正人
合唱:新国立劇場合唱団

ロッシーニ/カンタータ「ディドーネの死」
ロッシーニ/教会音楽「スターバト・マーテル」

を聞いてきた。
この前の日曜日に聞いたのと同じメンバーなのだが、曲の深みがずいぶんと違っていたような気がする。

どちらも教会音楽だからすごく派手な部分はなく、歌い上げるという感じの曲。
じっくりと引き込まれるように聞いてきた。

なんといっても一緒に行っていた母が食い入るように聞き入っていたのは珍しいことだ。
どちらかというとCosは声楽曲は苦手なんだけど・・・・母は好きなんだなぁと。

スターバト・マーテルって、こんなに短いのか・・・
一曲が終わるのに1時間もかかったのに・・・


|

« 逆クレーター | トップページ | 版画に見る印象派 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/47803606

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシーニのスターバト・マーテル:

« 逆クレーター | トップページ | 版画に見る印象派 »