« 麗しのうつわ | トップページ | 絵師の正体をみた? »

2010.02.23

相笠昌義展・・・日常生活

名前の知らない人であったけれど,このチラシを見た瞬間に「行く」と決めた相笠昌義。(損保ジャパン美術館で2010.2.21終了)
201001
人々の姿の中の孤独感,無言で信号を渡り続ける人々。
表層ではどうあれ,その内面は孤独なんだと言っているかのような絵・・・

笑いさざめく子どもたちの姿が溢れているはずの公園では、その子どもたちが無言で黙々と遊び続ける。
あるいは話し声、笑い声があったとしても、それは目に見えない部分で通り過ぎて行っている。
その表情は一人ひとりがかたくうつろものが見え隠れしている。

彼の絵はいかにも楽しそうに振舞っている現実の人たちの裏側が描かれているような気がする。
が、相笠が妻を描くときには平和にいとおしさのあふれた絵になっていて、彼の中での妻の位置がはっきりと絵に現れているのだ。

以前練馬美術館で見た石田徹也程の重さはないけれど、やはりどこか重い絵。

みたあとで石田のように打ちのめされた感じはしないけれど、重い空気を感じながら新宿の街を歩いた。

|

« 麗しのうつわ | トップページ | 絵師の正体をみた? »

コメント

Cosさんもご覧になられましたか!この人はオペラシティアートギャラリーや多摩美術大学美術館等で見かけますね。そうそう人間の顔、子供の顔を異様にデフォルメさせるのに奥様を描くと美しいんですよね、愛情を感じますね。近年は自然も入って来たようで、これからどういう方向に進むか楽しみですね。4月からの新年度のぐるっとパスは町田の版画美術館も入るようでうれしい、久しく行ってないのですよ

投稿: oki | 2010.02.24 00:07

お返事するのがおそくなりました。ごめんなさい。

相笠氏の見る自然・・・切り口がやっぱり面白いですね。

それにしても、版画美術館がぐるっとパスに入るのはとても嬉しいです。
すごくいいわけではないけれど、ちょっと見たいなぁと思わせる展示が多いので,たのしみです。

投稿: Cos | 2010.03.04 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/47641175

この記事へのトラックバック一覧です: 相笠昌義展・・・日常生活:

« 麗しのうつわ | トップページ | 絵師の正体をみた? »