« 石川県立歴史博物館 | トップページ | 120年間のHD »

2010.01.10

能登は海

能登の海はずっとむかし、海外との交流も盛んだったところなのに、決して穏やかではない.
(あっ,もちろんそういうところばかり見てきたということなんだろうけれど・・・)

P1010921

砂浜に押し寄せる波も決して高くはないけれど,水平線の向こうで空と海とがつづいている.かろうじて雪も雨も降っていないけれど、それでも景色は冬.

子どもの頃からCosは岩場のあれた海が好き.
台風が近づくと子どもの頃から(今も)「海を見に行きたい」と駄々をこねたものだった∥^o^∥

さすがのCosも能登の海を堪能してきた.

P1020086

巌門へ行ったとき,てっきりこれが巌門だと思ったのだが・・・・どうやらこれは碁盤島ととらの岩というらしい.天気が良ければこの島と島の間を観光船が通り抜けるらしいけれど,Cosが見たときにはどこか香料とした景色にしか見えなかった.

巌門は「巌門洞窟」というトンネルをくぐった先にあった.

巌門

こうやって押し寄せてくる波はいくらでも見ていられるような気もしてくる.
同じ波のように見えていても一つ一つ波の形は違い・・・でもほとんど同じ水が同じように動いている不思議・・・人間の力の小ささを思い知らされる.

P1020155

ここはヤセの断崖・・・鉛色の空と鉛色の間にピンク。
どうにもならない閉塞感がそこの隙間だけ開かれている感じかな?

写真ではよくわからないけれど,この光のなかに希望が隠れているように見えたのは思いすごし?

P1020158

|

« 石川県立歴史博物館 | トップページ | 120年間のHD »

コメント

順々に写真を眺めていくと、音楽が聞こえてきます。思い浮かべるものは人様々でしょうが、見晴るかす海の彼方に桜色の情景は、ワタクシには「トリスタン」の最後の最後の部分かと思われました。

投稿: ガーター亭亭主 | 2010.01.10 07:57

ご無沙汰しています.
イゾルデの思い・・・切ないですね.

実際に見ているときには波の音に聞き入っていましたけれど,もう一度曲を聞きながら見たくなってきました.

投稿: Cos | 2010.01.10 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/47248942

この記事へのトラックバック一覧です: 能登は海:

« 石川県立歴史博物館 | トップページ | 120年間のHD »