« 月光のアンフラマンス | トップページ | Pov-Ray Moray・・・ »

2009.12.20

光の中の自然

ここしばらく忙しくてゆったりとした気分になれることがとても少なかったからかもしれないけれど、ずっと山に行きたいなぁと思い続けている。

もちろんCosが行くのだからすごい山というのではなく、人里から離れたところにある木がいっぱいある人のいないところという程度(あぁ・・・職場の近所だってそういうところはあるんだが・・・)
が、行きたいとは思ってもなかなか実行できないのはCosの常∥>_<∥

自然の中に入っていく次に好きなのが綺麗なものを見ること・・・というわけで仕事が早く終わった日、府中市美術館に行ってきた。

府中市美術館

ターナーから印象派へ 光の中の自然
2009年11月14日(土曜日)から2010年2月14日(日曜日)

01gomi01

「ターナー賞」の名前にもなったイギリスのターナー・・・
彼の風景画は必ずも写実的とは限らず、抽象的なものも少なくない。
風景画を描くくせに緑が好きじゃないという変わり者のターナー

そういう変わり者のところもきっと好きなんだろうな。

まあ、「ターナー」とは銘打っているものの実際に展示されているものにはターナーの作品は少ない。
「エーレンブライトシュタイン」(上の絵)「ルツェルン湖の汽船」、「ブリッドポート」、「赤と青、海の入り日」、「タブリ・ハウス」の5点だけかな?

彼の作品を期待していったのなら期待はずれといえば期待はずれなのかもしれないけれど、それ以上にイギリスの風景画がたくさんあって、Cosとしては逆に期待以上だったかもしれない。

最初に「おぉ!!」となったのはヘンリー・ハントの「イワヒバリの巣」とか「プラムと桃とヘーゼルナッツ」といった緻密な静物(?)画。

そして、Cosが名前を知らない人たちのたくさんのイギリスの風景画。
会場ではイギリスの各地の写真が展示してあって、実際の景色と風景画の両方を楽しむことができる。
イギリスの田舎の景色をCosは知らないから、写真と絵の違いはよくわからないけれど、いわゆる有名なところかどうかも分からないようなたくさんの風景、
ただ景色を描いたというだけではなく、その殆どが空間の広がりと静寂を感じさせてくれる。
ちょうどハンマースホイの室内の静寂が戸外に移った・・・とでもいいたくなるような静寂。
山に畑に・・・
そこで働いていたりする人々の姿があっても、たとえ笑いさざめいていたにせよ、そこには静けさが漂っているのだ。

ちょうど、他の人のいない山の見晴台まで登って景色を眺めているかのような・・・そんな雰囲気すら感じられてくる。

どうやらCosは木と水のある景色が好きらしい。
あぁ・・・イギリスの景色を見に行きたい・・・湖水地方とか・・・・
流石にスコットランドまで行くのは難しそうだけど・・・


01gomi02
ミレイの「グレン・バーナム」
グレン・バーナムというのが地名なのかどうかも知らないし、どこにでもありそうな景色・・・Cosはこういう景色画好きだ。

こんな景色は日本でもありそうだと思うのだが・・・う~~ん・・・
でもいいなぁ・・・
写真にとることも出来そうな気もするけれど・・・絵画ならではの良さ・・・写真ではこの味は出せないような気がする・・・

時々、カメラの台頭は・・・今のようにCosのような輩でさえカメラを片手に出かけているような時代にはこうした絵画は写真にとって変わられてしまっているような気がする。
それはそれで実はとてももったいないことなのかもしれない。

P1010691

そんなことを思いながら美術館の窓から外を眺めるとそこにもCosの好きな秋の景色。というわけでCosも真似をして秋の夕暮れを一枚・・・(う~~ん・・・もっと上手にとれるといいなぁ)


|

« 月光のアンフラマンス | トップページ | Pov-Ray Moray・・・ »

コメント

学芸大学附属は一年生の夏休み妙高登山があります。朝4時に起こされます。Cosさんの学校には登山はないですか?府中はいいですね。そうそうハントの写真に見紛うばかりの作品!東京富士美術館のオーストリア宮殿のチケット入りましたがCosさん要りますかね?今日は山種でカラウ゛ァッジョおっかけと楽しい一時を過ごしました。宮下先生の、もっと知りたいカラウ゛ァッジョはよく出来た本ですよね

投稿: oki | 2009.12.20 00:54

「登山」というほどではないでしょうけれどないわけじゃないですが、そういう体験はいいですね。

東京富士美術館・・・ちょっと怖い気がしてまだいったことがありません。
うちからは遠くないし、駐車場もあるから行きやすいはずなんですが・・・

カラヴァッジョはいいですね。
本はまだ見てないのですが・・・今度見てみます。

投稿: Cos | 2009.12.21 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/47064214

この記事へのトラックバック一覧です: 光の中の自然:

« 月光のアンフラマンス | トップページ | Pov-Ray Moray・・・ »