« だいくとこうてい | トップページ | 光の中の自然 »

2009.12.18

月光のアンフラマンス

佐倉へ行く理由の一つが川村記念美術館。
今回は「月光のアンフラマンス」というよく分からないタイトル。

本展は、20世紀以降の美術に甚大な影響を与えたフランスの美術家、マルセル・デュシャン(1887~1968)が考案した「アンフラマンス」(Inframince:直訳は「極薄」「超薄」)という造語から発想したものです。
 本展では、月光(≒アンフラマンス)に類縁する精神性を感じさせる中世から現代までの美術作品を二部構成でご紹介します

なんていうのを読むと、Cosが不安を感じる精神論にいきついてしまいそうなのがちょっと怖いけど・・・P1010669

まっさきにお出迎えしてくれた。
向こうまでずっとつづいているひしゃげたガラスのボールのようなものは

増田洋美 《 PLAY THE GLASS 》

なかなかいい味を出していた。

で、日本画があったり、ターナーがあったりしてそれはそれでとても良かったんだけど、ショックだったのはエンマ・クンツ(Emma Kunz)のドローイング。

01gomi01

方眼紙の上に直線で描かれた彼女の絵はいかにも数学的な・・・いかにも幻術的な・・・

クンツはただ、この世界を知り、宇宙の法則を記すために描きました。
という発想の怖さ・・・こういう絵を描くことで宇宙の法則が描かれると考えているのだとしたらあまりに怖いけれど、描かれているものは素晴らしい。

実際に見るとこれが方眼紙の上に描かれていることに衝撃を受ける。
緻密な細かい線と線が重なりあってできる造形は形としての対称性と調和であり、Cosもまたこうした形に引き寄せられるひとりなのだ。

宇宙の法則とは思わないけれど、数学的な規則性、対称性を表現していることには間違いない。

他にももう一度見たいものも沢山あるし、なによりもこのエンマ・クンツをじっくりと見直しに行ってこないと・・・


|

« だいくとこうてい | トップページ | 光の中の自然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/47048740

この記事へのトラックバック一覧です: 月光のアンフラマンス:

« だいくとこうてい | トップページ | 光の中の自然 »