« あとひといき | トップページ | 月光のアンフラマンス »

2009.12.17

だいくとこうてい

「大工と校庭」ではなくて、「第九と皇帝」なのだ。
メサイアのあとに第九・・・まさに年末らしい過ごし方と思うのだが・・・
先日メサイアを聞きに行ったことを知っている知人に
「今年は第九も聞きに行く」なんていう話をしたら・・・
「Cosさんの趣味は高尚だから」といわれてしまった・・・
う~~ん・・・


ベートーベンのピアノ協奏曲第5番皇帝

Découvrez la playlist Concerto5 avec Vienna Symphony Orchestra

弾いている人たちは違うけれど、今日もこれはなかなか良かった。
流れるように弾かれるピアノ
多分Cosはもっと激しく感情を揺さぶるような弾き方が好きなんだろうけれど、すっかり曲の中に入り込んでしまっていた∥^o^∥

この後聞いた第九のオーケストラがいまいちだったことを思うと、同じオーケストラなのにあらが目立たなかったような気がする。

第九は・・・一般公募した200人の大合唱団。
それなりの声の質。
オーケストラは殆どの楽器が下手ではないんだけど、どこかバランスが悪くて、メロディが浮き上がってこなかったり・・・う~ん・・・うまく生かしきれてなかったのが残念。
ひとりひとりの演奏はそれなりに上手いのになぁ・・・

が、聞いているうちに受け止め方が違っていることに気がついた。

これは演奏する楽しみ、歌う楽しみの表現。
楽しみながら演奏する人がいて、楽しみながら歌う人がいて、Cosのように楽しみながら聞く人がいる。
最初の二つの人たちは厳しい練習をモノにしてこの舞台に立っている。
演奏家たちはそれぞれが他の場所で演奏活動をしている人たち。
そういう人達が集まってひとつの曲を作っているのだから、Cosが普段聞いている東京フィルのようにまとまっていなくても不思議はない。

そう思うと、弦楽器の重厚さが光って見えてきた。
これはこれでなかなかかもしれない。

会場の外では今年の丸の内のクリスマスの飾り付けが始まっていた。
P1010685_2

P1010688

それにしても・・・皇帝を聞いている間じゅう指と指の間が痛かったのだ・・・・
どうやら痛みというのは視覚に依存するような気がするなぁ・・・。

|

« あとひといき | トップページ | 月光のアンフラマンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/47041061

この記事へのトラックバック一覧です: だいくとこうてい:

« あとひといき | トップページ | 月光のアンフラマンス »