« 今ここ | トップページ | キティの見つめるクリスマス »

2009.11.29

もっと知りたいラファエッロ・・・出版記念の会

このところなんだか元気のない・・・というよりもどうしてこんなにやることがたくさんあるんだろう状態のCosですが、今日は

01gomi01_2


4808708795もっと知りたいラファエッロ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
東京美術 2009-11

by G-Tools

の出版記念のパーティに行ってきました。
(Amazonにはまだ画像がないので、池上先生のところから借りてきました。)

Cosですら名前を知っているラファエッロなのに、日本語の本はこれで2冊目なのだそうだ。
そういわれてみると、Cosが知っていたのは名前と何点かの絵だけで、ラファエッロがどんな人かなんていうことはまったく知らなかったのだ。

本にも書かれているけれど、ラファエッロの自画像といわれている作品と彼の作品の特徴でもある生き生きとした描き方の違いについてのレクチャーなどがあったのがとてもうれしかった。

彼に教わっている人たちがとてもうらやましいけれど・・・う~~ん、Cosにはその余裕がどんな意味でもまるっきりないからなぁ・・・

さらに、美術のはずなのに、池上先生のバンド・・・「これからライブ」という先生がいたり・・・の演奏も楽しんだし、ビンゴでトランプもいただいたし、

普段しゃべっている声とはまるっきり質が違って、どうしてこんなにきれいな音が出るんだろうと思わずにいられないオペラ(やっぱり先生だけど)を聞いたりして、アカデミックな意味でも充実した時間だったし、あちらこちらで知り合った方たちとも旧交を温めてきたし・・・・


P1010462

ラファエッロの本も特別価格で分けていただいた上にサインまでしてもらってきた・・・\∥^O^∥/
(ちゃんとCosあてにめっせーじもいただいてきたぞ、それにしても写真がひどいからそのうち撮り直してさしかえよう・・・今日はもう無理・・・)

嵐のようにえをかいて、あっという間に37歳の若さでこの世を去っていたラファエッロ・・・その作品と生涯を垣間見ることのできる一冊。

Cosなどは今までどんな風にいわれてきたかもよくわかってないから、池上先生がどんなことを研究して、今までの評価がどう変わったのかは実はよくわからない。
それまで自画像だといわれてきた作品がほかの人の手によるものではないかと池上先生は書いていらっしゃるのだが・・・・

あるいは師匠の作品との違い・・・彼の死後師匠が仕上げた作品を通じてラファエッロの描く質感の違いがはっきり読み取れる。
天才の天才たる所以なんだろうなぁ・・・

本をじっくり読んでからまたもう一度彼の作品と対峙してみたいなぁ・・・

|

« 今ここ | トップページ | キティの見つめるクリスマス »

コメント

Cosさん行かれたんですね!その本はまだ正式に発売になっていないのかな?今日本屋で調べるの忘れた。さてCosさんのお誕生日ですね、おめでとうございます!Cosさんも本の出版とまではいかなくても是非参考書の執筆などを是非期待していますよ、学校は期末試験でしょうか?生徒達がきちんと数学を理解するつまりは試験でいい点数を取るのがなによりの誕生日祝いでしょうかね

投稿: oki | 2009.11.30 00:00

本の奥付を見ると12月20日発行になっていたからまだかな?
リンクしているアマゾンもアマゾン自体からではなく出品者から買う形になっていますね。

今回はほかに用事もあったのですが、池上先生にはお世話になっているので、ちょっとがんばってして参加してきました。

池上先生のレクチャーも聞けたし、いろいろな方にも会えたし、本当に行ってよかったです。

?お誕生日・・某所で公開していたのでしたね。
ありがとうございます。

あわてて、このblogの誕生日に書き換えてきちゃいました∥^_^∥
こすもすは12月5日が誕生日です\∥^O^∥/

投稿: Cos | 2009.11.30 06:39

おお明日が誕生日か、おめでとうとうおめでとう。

投稿: orz | 2009.12.04 20:03

ありがとうございます.
ここはサボることも多いのですが、よくつづいているなぁと自分でも感心しています.

投稿: Cos | 2009.12.06 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/46885186

この記事へのトラックバック一覧です: もっと知りたいラファエッロ・・・出版記念の会:

« 今ここ | トップページ | キティの見つめるクリスマス »