« 空気の港・・・羽田空港で | トップページ | システムファイルがありません »

2009.09.09

貧しい環境での教育

貧しい国の話ではない。

国民が生活に追われて生きることに精一杯というような国の話ではない。

asahi.com(朝日新聞社):教育への公的支出、日本は下から2番目 OECD調査 - 社会.

 28カ国の平均は4.9%。日本の支出割合はこれまで最下位層で低迷し、28カ国中最下位だった前年より、今回は順位を一つあげたものの、支出割合では3.4%から3.3%に落ちた。

 支出割合が高い国の1位はアイスランドで7.2%、次いでデンマークの6.7%、スウェーデンが6.2%の順。最も低いのはトルコで2.7%だった。

 一方、教育支出に占める家計負担の割合は21.8%で、データが比較可能な22カ国中、韓国に次いで高かった。

この貧しい環境の中でやっていかなければならないのが学校。
まあ、お金がなければ教育ができないというものではないから、そこは先生たちの努力でカバーを・・・
あるいはそれぞれの家庭でカバーをしなければならない。

 また、教育環境面で、先生の負担と結びつく児童生徒数をみると、小学校1クラスの平均人数(07年)は日本が28.2人で、OECD平均の21.4人と開きがあった。中学校も1クラス33.2人で、平均の23.9人と大きく差があった。

平均よりも30%も生徒が多い・・・・

まあ、これも先生の努力によってカバーを・・・
まあ、どんな生徒が集まっているかによってひとりひとりに十分に注意を払えるかどうかも代わってくるからいわゆる「問題のない子供たち」なら当然問題はない。

一人一人の全員がが熱心に課題に取り組み、行事に取り組み、いじめもなく、クラスのみんなが和気あいあいと・・・・

・・・・・・・・・・

あぁ・・・そういう生徒たちを育てるように家庭や社会の問題も含めて先生が努力でカバーか・・・

|

« 空気の港・・・羽田空港で | トップページ | システムファイルがありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/46161880

この記事へのトラックバック一覧です: 貧しい環境での教育:

« 空気の港・・・羽田空港で | トップページ | システムファイルがありません »