« 利根川光人とマヤ・アステカの拓本 | トップページ | 伊勢神宮と神々の美術 »

2009.08.31

まっすぐ歩けますか?

知らないところを歩くのは好きなのだが、気がつかないうちにこんなことをしていることは少なくない。

時事ドットコム:「道に迷うと回る」は本当=森や砂漠、目隠し実験で確認-独研究所.

目隠しをされた状態でも、最大20メートル程度は真っすぐ歩けるが、距離が長くなるにつれて曲がり、円を描いてしまう可能性が高かった。  これは、左右の脚の長さの微妙な違いが原因ではなく、太陽や月、山などの手掛かりがないと、方向や身体バランスの感覚のずれを修正できず、ずれが次第に大きくなってしまうためと考えられるという。

町を歩くときにはある程度の地図を頭の中に入れて太陽の位置(明るい方向)を基準に歩いているけれど、それがなかったらやっぱり難しいものなぁ・・・
雨の日は迷子になりやすいし。

そのこととこれが関係しているのかどうか?
関係はあるのかなぁ?

|

« 利根川光人とマヤ・アステカの拓本 | トップページ | 伊勢神宮と神々の美術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/46077138

この記事へのトラックバック一覧です: まっすぐ歩けますか?:

« 利根川光人とマヤ・アステカの拓本 | トップページ | 伊勢神宮と神々の美術 »