« | トップページ | リーダースダイジェスト »

2009.08.24

夏の朝はあさがお

夏の恒例になっている歴博の「伝統の朝顔」。
2009年8月30日まで

Img_3310

普通の朝顔とは花びらがまるっきり違うけれど、これも朝顔。
微妙な花びらの緑色がとてもきれいだった。

花も牡丹のような咲き方をしていたり、キキョウのような咲き方をしていたりでちょっと見ただけでは朝顔には見えないものも多い。

葉っぱも病気にかかっているんじゃないかとも思えるようなものもあったり、それどころか朝顔なのに下に垂れ下がってしまったり、ほとんど大きくならなかったり・・・

Img_3354

これはつるではなくはがぎっしりと重なって20cmぐらいにしか伸びない「渦小人」という品種。
つぼみのつき方までも朝顔とはとても思えない。

葉っぱひとつとっても普通の朝顔とは似ても似つかないものがあって、庭に生えてきたら雑草と間違えて抜いてしまいそうなほど。

しかもこうした出物と呼ばれる変わった朝顔はいつでも現れるのではなく、劣性遺伝であるがために何本かに一本、あるいは何十本かに一本割合でしか出てこない。
それ以外は親木と呼ばれる普通の朝顔の花を咲かせるものが出てくるのだ。
そう思ってみるとどこか痛々しい感じもしたりする。

Img_3324

Img_3271


|

« | トップページ | リーダースダイジェスト »

コメント

渦小人
ν(^O^)ν 激しい内実の流出のようなかたち…
劣性遺伝 希少なのですね。そう思ってみれば 自分の short temperも 感情表出も 許さずを得ない。。

投稿: 草 | 2009.08.28 08:59

だってすべての人は希少価値だもの。

投稿: Cos | 2009.08.28 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/46012499

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の朝はあさがお:

« | トップページ | リーダースダイジェスト »