« 豊かではないのかも・・・日本 | トップページ | 本とnetがあれば・・・ »

2009.08.11

フランス絵画の19世紀・・・とに~さんたちと・・・

フランス絵画の19世紀と聞いても実のところあまり魅力は感じなかったけれど、とに~さんのオフとなると話は別。
まじめに学芸員がする解説とはまるっきり違ってほとんどお笑いのノリの解説をしてくれたりするから、チャンスがあれば参加したいといつも思っているのだ。

というわけで横浜美術館の「フランス絵画の19世紀」展(2009年8月31日まで)へ。

01gomi05


今回の企画はちょっと変わっていて、
まず一人一人が勝手に見学。
その後でみんなで集まって話をしてからもう一度会場に行ってみてこようというもの。

というわけでまず最初は三々五々会場へ。
ただし・・・・自分の一番気に入ったあるいは気に入らない絵を選んでおくこと。
後でみんなが集まったときに紹介するのだ。

というわけで絵を見ながらも「どれがいいかなぁ」

まず気になったのはアントワーヌ=ジャン・グロの「レフカス島のサッフォー」
わずかばかりの月の光だけがあるくらい海でサッフォーが今にも身を投げようとしているところ。
他の絵の明るい感じとは打って変わって暗いのが印象的だった。
「ギリシャの壺絵のかき方」をしているというのだが、どこがそうなのか、何を持ってそういうのかはまるっきり分からなかったのが残念。

落ち着いた静かな感じのコローの絵もいかにもコローらしくて少しだけ見えている森の向こうの湖(たぶん)の広がりを感じさせるのがいい。

01gomi01

Cosが選んだ一枚はこれ。
「施し」というミレーの絵。

家の中にいる母子が戸口の外にいる人に施し物であるパンを渡そうとしているのだが、見ているうちに外にいる浮浪者のほうが家の中に閉じ込められている母子よりもずっと自由で(少なくとも精神的には)豊かに見えてきた。

もともとの絵はもっと家の中が暗く、画面の左側にわずかに書かれている外がまばゆいばかりの明るさなのと対照的なのだ。
決して豊かそうには見えない台所にいるものも人もどこかぼんやりしていてよくは見えない。
どことなく外の自由への憧れを感じた。

なんていう話を、みんなが集まったところでCosはしたんだけど、もっぱらの話題は裸婦画と男性の筋肉についての話題で盛り上がった。

当然Cosも・・・
01gomi03_2

クールベのごくありきたりの女性の裸婦画が一番エロティックでないといったら・・・
周囲の人たちからは大反発。
この時代、ごく普通の女性のヌードというのが一番男性を興奮させるテーマだったとか・・・

そういう時代だったんだなぁ・・・

17世紀には特別な神話の中の女性でなければヌードを描けなかったのに比べると(その前はマリア様でさえ乳房を出してはいたのだが・・・)ずっと自由に描けるようになってはいてもまだまだだったんだなぁと・・・

男性の筋肉も・・・・裸を見ているわけじゃないけれど、普段筋肉質の体は見慣れているから何も感じなかったしなぁ・・・∥^O^∥

というわけで誰しもがもう一度会場に戻った後はそういう違いをしっかりと見てくるはずだったのだ。
ただ、残念なことにCosは他に用事があったのでそこで失礼してしまったから、見直した後の感想は皆さんからは聞き損ねてしまった∥>_<∥

それにしても実はこれだけの絵をこれだけいろいろな美術館から集めたこと自体もすごいのだそうだ。
そういうところももう一度じっくり確認しておきたかったし・・・


とに~さん、2009年8月16日にもトークイベントをやるみたいで・・・楽しみなのだが・・・
いけるかどうかはかなり微妙だなぁ


|

« 豊かではないのかも・・・日本 | トップページ | 本とnetがあれば・・・ »

コメント

Cosさんこんばんは。夏休みも半分過ぎてしまいましたね、学校では補習とかあるのですか?さてとにーさんってどんな方?blog拝見するとぐるっとパスで鴻池さんの個展みにいったとか専門家らしからぬ?ことも書いてらっしゃるけどーそういう方を呼ぶ横浜美術館はえらいなと思えたりして

投稿: oki | 2009.08.11 23:23

数学だと補習とは切っても切れない仲かもしれません∥>_<∥
これが美術とかだったら補習はないのかも・・・

とに~さんはCosからすると「それはちょっとなぁ・・・」と思うようなことも言わないわけではないけれど、
「そういう切り口もいいじゃないか」
と思わせるものを持っています。
もともとは吉本の芸人で新しい分野を開拓中というところでしょうか。

横浜美術館もいろいろと目先の変わったことをやっているしその一環なんでしょうね。
美術館も新しい美術館のあり方を模索中なんだろうな。

投稿: Cos | 2009.08.12 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/45893265

この記事へのトラックバック一覧です: フランス絵画の19世紀・・・とに~さんたちと・・・:

« 豊かではないのかも・・・日本 | トップページ | 本とnetがあれば・・・ »