« そばにいてね | トップページ | 今日は漁港 »

2009.07.19

紫園香 フルートリサイタル

もう何年彼女のフルートを聴き続けているんだろう・・・・
父の仲のよい友達のお嬢さん・・・父も友達ももうこの世にはいない。

01gomi01

いつの間にかお互いに年齢を重ねて、彼女のフルートも年とともに変わってきた。
やっぱり若いときには技術やテクニックを重視していたような感じだったけれど、今改めて聞いてみるとそれよりは彼女心が楽しむようなものに変わってきている気がする。

やっぱり最初のバッハは知っている曲だけに聞いていて楽しかった。
こういう曲は気楽に聞けていいなぁ・・・

2曲目のフルートのためのソナタは現代のまるで音楽が話をシながら演奏をしているような不思議な音。
たおやかな音ばかりがフルートじゃないといいたいような感じ。

面白かったのは最後のフランクのソナタ。
フランクのフルートソナタは知らないなぁと思っていたらこれはもともとヴァイオリンソナタだったみたいでどうもCosの知っている曲・・・だと思う。

ヴァイオリンだとどこか悲しい切なさなのに、フルートだと甘い切なさに変わるのは弾き手によるものなのか、それとも楽器によるものなのか・・・

この切なさが、フルートだと甘さに変わるんだよなぁ・・・


|

« そばにいてね | トップページ | 今日は漁港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/45671326

この記事へのトラックバック一覧です: 紫園香 フルートリサイタル:

« そばにいてね | トップページ | 今日は漁港 »