« だまし絵(1回目) | トップページ | 椿姫 »

2009.06.25

現実逃避のひとつの方法

音楽も、絵もスポーツもひとつの現実逃避だし、今の現状から逃げ出せるなら何でも歓迎したい。
いや、なんだったら、何もなくても自分の殻の内側にこもってしまえばいいのだが・・・

ネトゲ廃人:【1】バーチャルに生き、現実世界で生きられない人、増える - 毎日jp(毎日新聞).

 寝食も忘れてインターネットのゲームにのめりこみ、学校や職場に行けなくなる人たちが現れ始めた。現実で生きることを放棄した彼らは、「ネトゲ廃人」と呼ばれる。

Cosなどは時間に終われる仕事をしているから、こんな風になる可能性はとても低いけれど、そうなってしまう気持ちはよくわかる。
のめりこんでしまっているあいだは何もかもを忘れることが出来る。

そういうものがなければ生きていくのはあまりにつらい。
いろいろな逃避の方法を持っていても、それでもちょっとぐらいの逃避では飽き足らなくてそっちの世界に入り込んでしまいたくなる。

そういうファンタジーは多いし、あの果てしない物語だって形は変えているけれども現実逃避している少年が主人公。

Cosもゲーム自体は好きだし・・・・・


うらやましいかも


|

« だまし絵(1回目) | トップページ | 椿姫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/45446396

この記事へのトラックバック一覧です: 現実逃避のひとつの方法:

« だまし絵(1回目) | トップページ | 椿姫 »