« 水墨画の輝き | トップページ | いつも手元にこすもすこす »

2009.05.31

ヤナーチェク音楽祭のネマニャ

2009年5月29日チェコのヤナーチェク音楽祭にネマニャ君がゲスト出演したようです。
5月29日の記事にいろいろと書いてあるのだが・・・・なんといってもチェコ語なのだ。

チェコ語の記事の下に彼の写真もあって演奏が終わって指揮者と握手しているときの満ち足りた表情が彼の真髄だなぁ・・・
こういう表情の出てくるような演奏を聞きたい。

記事の内容を英語に翻訳するとこうなるらしい。

Smart Link Corporationというところの翻訳ソフトによれば

The star guest at the evening was the excellent violinist Nemanja Serbian Radulović, which was in 2005 at Cannes International discovery of elected and became the rising star years 2006/2007. In Ostrava played a Concerto for Violin and Orchestra in D Major Johannes Brahms. It is the solo part is to date touchstone of technical excellence and above all expression. "Meetings with the Janacek Philharmonic Orchestra was very nice and its a fantastic accompaniment. On stage I felt completely relaxed. Amazing harmony is created not only during the concert, but on the tests, which usually does not. The atmosphere was extremely friendly, "said osmadvacetiletý violinist." With Nemanja is known and we work a longer period of time when up to two years ago, Moravian Autumn festival in Brno. It sits very virtuoso concerts. Surreal plays with energy, so that sometimes seems to break down hall. It is strong, great music, and especially not without charisma, which is its huge foreign currency. On the other hand, it's very humble and hardworking musician, "said Director of the Agency Ars concert / concert Brno and at the same time member of the European Festivals Association Zdenka tile. It is an excellent Janacek May Festival, which runs like. A Ostrava? "This city and people love it, Ostrava is simply a matter of my heart," she said.

なのだそうだ。

チェコ語から日本語に翻訳したらさっぱり意味のわからない文章になったので、英語に翻訳してみた。
意味の取れないところもあるけれど、なんとなく意味がわかるかな。

それにしてもこの翻訳ページの言語数はすごい。
なんでも翻訳できちゃうような気がする・・・
ありがたい存在だm∥_ _∥m


|

« 水墨画の輝き | トップページ | いつも手元にこすもすこす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/45183785

この記事へのトラックバック一覧です: ヤナーチェク音楽祭のネマニャ:

« 水墨画の輝き | トップページ | いつも手元にこすもすこす »