« 悪いことだとは思わなかった | トップページ | メイド・イン・カッシーナ展・・・技術と芸術と »

2009.05.28

ルオーの祈り 絵画と版画

学生のころ「ルオー」という喫茶店があった。
今はもうないのかもしれないけれど、店の真ん中には大きなテーブルがあって、勉強をしたりあれこれ話し合ったりするのにとてもいい店だった。

店の中にはルオーの絵が飾ってあって、学生だったCosはそれがあんまり好きじゃなかった。

大人になってからもルオーの作品のあの色使いやタッチがどうしても好きになれなかった。

が、今回町田の国際版画美術館の「ルオーの祈り 絵画と版画」で見た版画は今までの印象をまったく変えてしまった。
01gomi01
版画だけでなく絵も見ているうちに今までの印象とはずいぶんと違って見えてきた。

敬虔なカトリック教徒だというルオーの作品はその派手さの裏側に暖かさが流れているのが見て取れるし、彼の版画は色のない分純粋に色に惑わされることなく楽しむことが出来た。

おそらくルオーの色使いというのも好きな人にはたまらないのだろうけれど、Cosにはこの色のないルオーがとても新鮮だった。

あまり他では意識してルオーの版画を見たことがなかったから、もう一度見ておきたい気もする・・・


|

« 悪いことだとは思わなかった | トップページ | メイド・イン・カッシーナ展・・・技術と芸術と »

コメント

「ルオー」って、もしかして本郷?

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.05.29 08:42

はい。
Cosの大学はそこじゃなかったですが・・・∥^O^∥

投稿: Cos | 2009.05.29 21:32

SNSでの当選かな?僕はルオーが好きで出光や汐留によく行きます。あの分厚いマチエールを見るとルオーが何を考えていたのか考え込みます。題名も孤独者通りとかルオーの内面が偲ばれます。僕も町田行きましたがCosさんは図録とか買われますか?

投稿: oki | 2009.05.30 00:26

本当にルオーは何を考えていたのでしょうね。
描いたものの裏側にルオーのどんな想いがあったのか・・・
こういう表情を見るとそんなことも考えてしまいますね。

投稿: Cos | 2009.05.30 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/45161579

この記事へのトラックバック一覧です: ルオーの祈り 絵画と版画:

« 悪いことだとは思わなかった | トップページ | メイド・イン・カッシーナ展・・・技術と芸術と »