« バッハ三昧1日目(その1) | トップページ | 次の日 »

2009.05.04

バッハ三昧1日目(その2)

(2009年5月3日LFJ1日目の続きです)

斬新で情熱的なCosをすっかりとりこにした四季の後は他のどんな曲を聴いても物足りなく感じそうな気がしたけれど、幸いなことにしばらく時間があった。

国際フォーラムの人が余りにすごいので、Cosは周辺のお散歩。
まあ、この日はどこへ行っても人がたくさんいたけれど、お散歩で移動している間は人の波はなかっただけましかな。

まず最初に行ったところは新東京ビルの管弦楽アンサンブル。
きちんと調べなかったからかもしれないけれど、場所がよくわからなかったので着いたときにはもうかなりの人で、演奏している人たちの姿はほとんど見えない。
結局どんな人たちが演奏していたのか分かったのは終わった後∥^O^∥

知らない人のために楽器の紹介(フルート、クラリネット、ファゴット、ホルン)があって曲の演奏。
曲名は覚えてなくても知っている曲ばかりだったので楽しく聴いてきた。

その後は丸ビルに移動してバイオリンとピアノ。
ここも混んでいたのでエスカレーターで上がって上から聞いてきた。

さすがに丸ビルで演奏するだけあって、腕はかなりいい。
ここには小さなパイプオルガンもあって、おすすめ。4日はお休みの日にしたので、5日に時間が取れたらまた行きたい。

Img_2393


更にそのまま上に上がって、「のだめ カンタービレ♪ワールドへ」
ここだけは写真が取れるので人の入れ替えのチャンスをねらって撮ってきた。
中はただだということを考えれば面白かった。
簡単にのだめのストーリーを復習してみたり、
のだめの部屋のふだんよりこぎれいになったところが再現してあったり・・
(鍋の煮物はちゃんと再現してあったり、プリごろ太が全巻あったりで笑えたが・・・)
原画が展示してあったり、
取材した場所の紹介があったり・・・・

これだけ回ったらさすがに疲れてきて一休みして18;45からのミサ曲ロ短調に備える。
LFJは1時間以内の短いプログラムが多いけれど、さすがにこれは15分の休憩を挟んではいても2時間以上の長丁場なのだ。

バッハ;ロ短調ミサ曲、マニフィカト【SHM-CD仕様】
バッハ;ロ短調ミサ曲、マニフィカト【SHM-CD仕様】コルボ(ミシェル) バッハ ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミシェル・コルボの指揮するローザンヌ声楽・器楽アンサンブルはきっちりと歌い上げていていかにも円熟の味。
奇をてらったり派手なところはないけれど、じっくりと聞き込むことが出来る。

合唱団が普段見ているような日本のものと構成がかなり違う。
どう見ても男性のほうが圧倒的に多いのだ。
ソプラノ1、ソプラノ2、アルト、テノール、バリトンに分かれているはずなのだが、アルト側の女性の中には何人かの男性が混じっているのだ(どのパートをうたっているのかは分からなかったけれど)
なんとなく男性のほうが声量があるから人数も少なくていいような気がするのにどうしてだろう?

この長い曲の休憩時間に席を立たなかったのは敗因。
すっかり腰が痛くなってしまった。
次回は気をつけよう。


|

« バッハ三昧1日目(その1) | トップページ | 次の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/44891327

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ三昧1日目(その2):

« バッハ三昧1日目(その1) | トップページ | 次の日 »