« 新型インフルエンザを知る | トップページ | 悪いことだとは思わなかった »

2009.05.27

高速1000円の弊害

個人として高速が1000円になるのはとてもありがたいけれど、後のことまで良く考えてみると手放しで喜んでばかりはいられない。

asahi.com(朝日新聞社):九州バス協「高速千円拡大しないで」 渋滞禍・利用減 - ビジネス・経済.

 九州バス協会(83事業者)の竹島和幸会長(西日本鉄道社長)が26日、高速道路割引の拡充に反対する要望書を国土交通省に提出したことを明らかにした。高速バス利用者が激減したうえ、渋滞に巻き込まれて所要時間が2倍以上かかる便まで現れ、運行に支障が出ているためという。政権の目玉政策に対し、首相の地元で反旗が翻った。

この高速料金が続いている間はどこのバス会社も渋滞と利用客の減少で経営は厳しくならざるを得ない。
実際にはバス会社だけじゃなくてJRもかなりの痛手を受けている。
この危機を乗り越えられなかったとしたら・・・長距離バスの路線は結果として減少してしまうだろう。そうなったときに一番ダメージが大きいのはゆとりのない人たちなんだろうなぁ・・・


|

« 新型インフルエンザを知る | トップページ | 悪いことだとは思わなかった »

コメント

カーフェリーの会社も痛手を受けているようですね。
早くも航路廃止が出ているとか。
2年後にはどうするんでしょう。
せっかくの施策も、社会全体への影響を考えないと、ね。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.05.27 05:51

「お盆はやめてくれ」とも言っているようですが、そうだろうなぁ・・・

カーフェリー・・・あぁ、長距離バスより厳しそうだ・・・・
2年間でどれほどの路線がなくなることか・・・

投稿: Cos | 2009.05.27 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/45141366

この記事へのトラックバック一覧です: 高速1000円の弊害:

« 新型インフルエンザを知る | トップページ | 悪いことだとは思わなかった »