« 少女漫画でルーブルを! | トップページ | 必要条件だけの教育 »

2009.04.13

医療事故は難しい

なくなった親にしてみればいたたまれない事故だけど、医療というのは常にリスクを伴う。

時事ドットコム:女児死亡、担当医の無罪確定=高検「上告理由ない」-東京女子医大事故.

 高検は「専門家でも意見が分かれた点に、この事件の難しさを感じている。幅広く意見を聞くことが大切だ」としている。

「○○%の危険があります」といったような表現で予期されているリスクもあれば、予想外のことが起こって出てくるリスクもある。

事故はあってはならないけれど、それと同時にそうしたリスクを承知で医療行為(手術とは限らない)を行ってくれる医師の存在も大切なのだ。

いい加減な医療行為で人の命を奪ったり傷つけたりするのはもってのほかだけど、訴訟怖さに手をこまねいているような事態になったり、医師になる場合でもリスクの高い診療科目ではなくなるべく安全なほうを選んだりする事が増えてくればそれはそれで問題。

しかも、専門家に意見を聞くとはいえ決定するのは医療の専門家でないというのも怖いことだ。

|

« 少女漫画でルーブルを! | トップページ | 必要条件だけの教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/44655293

この記事へのトラックバック一覧です: 医療事故は難しい:

« 少女漫画でルーブルを! | トップページ | 必要条件だけの教育 »