« もうすぐ打ち上げ | トップページ | 春? »

2009.03.16

賞を取れる生徒を育てる?

大阪府知事が全国学力テストの結果を聞いた発言と根っこのところは一緒かも。

時事ドットコム:5科目とも上位10位に入らず=日本、国際科学五輪で.

 会長の江崎玲於奈横浜薬科大学長(ノーベル物理学賞受賞者)は「日本は1つも載っていないが、中国、韓国、台湾は載っている。これはどういうことか。われわれは反省しないといけない」と述べた。会合では、予算の増加や国内参加者の拡大、優れた中高生をシステマチックに発見・育成する仕組みなどを求める意見が出された。  科学五輪は主に高校生が参加し、昨年は最多の数学の場合で97カ国・地域の535人が参加。トップ3人ではなく、上位の一定割合に金、銀、銅メダルが配分される。大会主催者は国別順位を発表しないが、公表される個人成績に基づき日本側が集計したところ、数学が一昨年の6位から11位、物理が4位から17位、化学が31位から33位に低下。一方、生物学は17位から14位、情報は14位から11位に上昇した。

日本の成績が下がってきたことを危惧すること自体はごく普通の反応だと思うのだが、江崎玲於奈氏の発言はなんだか不安なものを感じる。

まあ、Cosなどのいる学校はそうした桧舞台に建てるような学生を育ててはいないから無縁の世界といえば無縁の世界だし、日本のトップの高校生の姿は知らないからなんともいえないはずだけど、Cosの知っている高校生達の姿からは「入賞できなくて当たり前だろうな」というのが素直な感想なのだ。

もちろん日本のトップクラスの高校生達の姿とはかけ離れた高校生の姿を毎日見ているのだろうけれど、勉強はそこそこ出来て(もちろん基準はずっと下のほうだけど)成績も悪くはないけれど、自分から学ぶことを求めて考えていくのではなく、与えられたものをこなしていく、あるいはもっと与えてくれと頼むようなたぐいの優等生の姿からは創造性は見えてこないのだ。

 何かを研究するような高校生の姿はCosのところからは見えてこない。

そういう生徒が日本のどこかには何人もいるのだろうけれど、その層の薄さがもろさを表していないだろうか。

ゲームにのめりこむ子どもはたくさんいるけれど、その子供達がゲームにのめりこむのと同じように何か創造性につながることにのめりこんでいる子どもはどこにいるんだろう?

|

« もうすぐ打ち上げ | トップページ | 春? »

コメント

どこかで見たことがありますね・・

でも 知る限り、学校では 必死で気を使わないと、こういう子は(もし もおっとり、にこにこ創造性を見守っていたりしたら、庶民としては 変人扱いされかねない雰囲気がありますね。
学大付属とか、または お嬢様学校にでも入れない限り…。
“すみませんね、常識がなくて。”くらいのことを言わないと言っとかないとひどい目にあう、という・・(←誇張ですが その空気は漂ってます。)

日本人 嫉妬し合い、牽制し合って、多忙と義務感に紛れ、互いの良い芽を見ないよう 眼をつむっているかも…、ものつくりに向く民族だと思うのに。 

投稿: 草 | 2009.03.17 08:49

そういう面があるのは否定できないように思います。
みんな一緒というのは言葉を変えて言えばそういうことだし・・・

「みんな違ってそれでいい」
という言葉があるようじゃだめなんですよね。
当たり前になっていないと・・・

投稿: Cos | 2009.03.20 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/44369293

この記事へのトラックバック一覧です: 賞を取れる生徒を育てる?:

« もうすぐ打ち上げ | トップページ | 春? »