« 共鳴する静かな眼差し | トップページ | 西山美術館 »

2009.01.12

信頼できない情報源

web上にある情報は必ずしも信頼できるものとは限らない。

たとえば新聞社などが出しているニュースはまったく信頼性がないわけではなく、立場上、下手なことはかけない。書くからには裏づけがなければならない。
(テレ朝の記事を朝日新聞社が書いているのはいいことだ)

逆に、Cosのところなどは裏づけなど取れるはずもないからかいてあることは他のところを見てかいていたり、自分で見たものに対する思い込みだったりするわけで、呼んでいる人もそれは承知の上(のはず)。

その間にあるのがTVと言うことになるのだろうか。
自作自演、やらせ、番組に見せかけた宣伝・・・・その割には人のTVの情報に対する信頼は低くない。
しかし・・・

asahi.com(朝日新聞社):番組撮影用にブログ自作 テレ朝の情報バラエティー - 社会.

 番組は、10日午後7時から約2時間放送された。「人が本当だと信じていることの裏にある『ウソ』を暴く」という企画で、インターネット上の情報の真偽を取り上げる趣旨だった。その中で、ネット上の根拠のない「ウソ」情報の例として、「サケとシャケの呼び名は加工前と加工後で違っている」「つまようじに溝があるのは、そこで折ってようじ置きにするため」などとする六つのブログの記載を取り上げた。

 ところが、取り上げた六つのブログが書き込まれた時刻が昨年12月10日未明に集中していたことなどから、番組終了後、放送されたブログについて「1日だけの書き込みが同じ番組で一斉に取り上げられるのは不自然だ」などとする指摘がネット上に数多く投稿されていた。

次にやるときにはきっとタイムスタンプに注意するんだろうなぁ・・・
やろうと思えばいくらでも見せかけることが出来るのだから次は注意するだろう。
そして人は「テレビがそういっていたからそのblogがあって・・・」と思うのだろう。

web上にかかれていることを信頼するかどうかは一人一人が判断すべきことなのだが、「TVで紹介された」となると多くの人が信頼してしまうのだろうな。

実際にあったblogは撮影許可が得られなかったと言うことだけど、当然だろう。

インターネット上の情報の真偽を取り上げる(そんなあたりまえのことが番組として成り立つのもすごいと思うけれど・・・)前に自分達の出している情報の真偽を明確にしないと・・・

TV・・・と言うよりもニュースとして以外の情報はどこにあっても必ずしも正しいとはかぎらない。ニュースですら虚偽はかかれてはいないのかもしれないけれど、バイアスのかかった書き方をしている場合があるのだということをもう一度確認しておこう。

|

« 共鳴する静かな眼差し | トップページ | 西山美術館 »

コメント

テレビのやらせの場合、よく下請けの「制作会社が」というのが多いですが、今回のは直接の番組スタッフがやったんでしょ。
罪は重いですな。
もっとも、また「朝日か」という感も否めないですが。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2009.01.12 13:10

だれもが
「テレビのやることだから仕方ない」と言うような世の中なら別に問題はないんだけどな。

Cosの母みたいに何を見ても「テレビで言ってたんだから本当だよ」なんていう人がいるからなぁ・・・
下手するとドラマですら・・・・_| ̄|●

投稿: Cos | 2009.01.12 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/43714148

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼できない情報源:

« 共鳴する静かな眼差し | トップページ | 西山美術館 »