« 9歳のファンタジー しんくやくしょモノレール | トップページ | スコア »

2009.01.28

学校だけでは対処できない

新聞などを見ていると普段はどうしてこんなに何もかもを学校に押し付けるのだろうと思うことが少なくない。

親は?
地域は?・・・確かに体格が大きくなると子どもに注意するのは怖い。
どう見ても中学生か高校生がタバコを吸っていたりマナーを守らなかったりしたときに注意する大人はいない。

先生:生徒指導は今/1 好き放題に育った子たち - 毎日jp(毎日新聞).

 子供が変わった、といわれる。集団生活の決まりを理解できず共感性に欠け、教員の指導は空回りする。

 東京都内の小学校。月曜の朝会で体育館に児童が整列している。遅刻してきた男児に男性教諭(57)は「急ぎなさい」と促したが、顔色も変えずゆっくり歩く。友達と笑いながらやってくる女児もいる。なぜ慌てないのか、理解できない。

 三重県の小学校。友達と言い合いになり、突然カッターを突きつけ、机やいすを投げ飛ばす子がいた。相手が痛がるのを見てきょとんとする。ベテラン教諭は「想像力の欠如を実感する」と嘆く。

 早稲田大の河村茂雄教授は04~06年、小中学生5万人の意識調査をした。「先生の言うことは聞かなければならない」に対し「あまりそう思わない」「そう思わない」と答えた中学生が36%もいた。「友達を傷つけてはいけない」については「あまりそう思わない」「そう思わない」中学生も9%に上る。40人学級なら3~4人いる計算だ。「荒れ」の芽はどの学校にもある。

 河村教授はいう。「地域との関係が薄れて核家族化も進み、社会体験が不足する中、子供が人との関係をうまく結べなくなった。対人関係や社会のルールを、教師が教える時代になった」

学校だけで対人関係や社会のルールを教えることが出来ると思っているのなら大きな間違いだ。

学校の先生のいうことを聞かなければいけないと思っている生徒ばかりなら可能だろうけれど、現実には先生のいうことなど聞かなくていいとおもっている生徒が・・アンケートにそう書いた生徒が1/3以上いるのだ。

どんな形のアンケートにせよ、こういう設問に対して自分の思っているとおりではなく、期待される答えを書く生徒は決して少ないとは思わないのだが、どうなのだろう?
その中で否定的な回答をするということは実際にはもっと多いと考えていないと怖いものがある。

Cosのところなどはまだましなのだろうけれど、こういう話は他からも聞くし、表面化しないだけで、生徒達の考え方の中にはこういう生徒が結構いる。
生徒と話をしていると思いも寄らない生徒がこんな風に考えていたりする。

叱られるから、あるいは他の人はしないから自分もしないだけということなのかもしれないけれど、いつかそのうちどこででもそれが爆発して一気に表面化するのかもしれない。

学校でとは限らない。
こういう子どもたちはもうとっくに社会人になっている。
会社の中で社会の中、その辺の街中でそれが表に出てくるのも時間の問題だろうな。

|

« 9歳のファンタジー しんくやくしょモノレール | トップページ | スコア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3303/43879816

この記事へのトラックバック一覧です: 学校だけでは対処できない:

« 9歳のファンタジー しんくやくしょモノレール | トップページ | スコア »